ページ

2014年6月3日

PC寄りになったSurface Pro 3の長短

Surface Pro 3レヴュー:最高のタブレットPCだけど、必要じゃない Gizmodo
MacBook Airとの比較をことさら強調していたように、Surface Pro 3はラップトップ寄りになった。

そのため「スクリーンサイズを大きくした、この判断の素晴らしさは言い尽くすことができません。このおかげでタブレットとしては何か変な感じになっていますが、」というようにタブレットとして使おうとして手に持つと、ちょっと大き過ぎるかも、という印象になるよう。

タイプカバーは「基本的にマストアイテムであることを考えると、Surface Pro 3の価格はマイクロソフトが言うよりも130ドル高い」という。
これは、PCとタブレットを1台におさめたコンセプトからも外付けキーボードがほぼ必須なのに別売りになっていて、奇妙な点のような気がする。
Surface Pro 3ならタイプカバーは別売りじゃない方がイイとは思うが、価格面のパフォーマンスで実現しなかったんだろう。

0 件のコメント: