ページ

2014年5月27日

通信キャリアの料金、奨励金、SIMロックなど、総務省で検討

自動巻きのスマートウォッチ「KAIROS」登場 日本語表示も可能 ITmedia
自動巻腕時計の風防がタッチディスプレイになっていて、時分針の駆動は自動巻を動力とし、風防のディスプレイ表示やBluetoothなどにバッテリー駆動。
自動巻は最大巻き上げで42時間、バッテリーは5〜7日とのこと。

アイデアやデザインはものスゴい惹かれるが、バッテリー管理が2系統というのがちょっとな。
これスプリングドライブ的な駆動システムならと思ってしまうが、そうなるとタッチディスプレイな風防の実現は難しそう。

ソニーのウェアラブル端末SmartBand SWR10が発売されたし、このジャンルは本当に賑わってきた。


料金・奨励金・SIMロック解除はどうなる? 総務省で検討スタート ケータイWatch
「販売奨励金は、過去にも問題視され、2007年の議論を経て、現在、端末代金と通信サービスの収益は切り離されている」とか笑っちゃうけど。

とりあえず販売奨励金、キャッシュバック、SIMロック解除などなどの現状を解説した資料あり。
ICTサービス安心・安全研究会 消費者保護ルールの見直し・充実に関するWG アドホック会合(第1回) 総務省
これで何かが変わるのかもしれないが、期待はしていない。
スマホで急成長という時期を過ぎた業界に、儲け話とは縁遠い話を持ち込んでも、とは思う。

0 件のコメント: