ページ

2014年3月19日

Android Wearって

Google、ウェアラブル向け「Android Wear」発表 今夏に製品登場 ITmedia
Androidをウェアラブルデバイスに拡張するAndroid Wearを発表!! Blog of Mobile!!
Android OSのウェアラブル端末向け拡張版、Android WearをGoogleが発表した。
「リアルタイムで通知」、「音声での操作」「健康管理機能を充実」「他の機器から操作を可能」が主な特長とのこと。

チップメーカーのパートナー企業が「Intel、Qualcomm、Broadcom、Imagination、Mediatek」。
パートナー企業は「傘下のMotorola、韓国のLG ElectronicsとSamsung Electronics、台湾のASUSとHTC」。
また、「オリジナルウォッチの他、アディダス、アルマーニ、バーバリーなどのブランドの腕時計を手掛けている」カジュアルウォッチメーカーのFossil GroupといったファッションブランドもAndroid Wear搭載端末を発売する予定とのこと。


これら機能は、Googleの純正アプリを使わないと実現できないことなのかはどうなんだろう。
Androidスマホでは、Google PlayなどGoogle純正アプリ搭載にはライセンス料が発生し無料ではない。
Android Wearも無料らしいが、これら特長をみるにGoogleのサービスをガッツリ使っているのでライセンス料が発生するんだと思える。
まあ無料とも言っているようなので、Googleのサービスを使わない素のAndroid Wearもあるんだとは思うけど。
活動量計とかになると機能がシンプルになるのでGoogleのサービスを必要としないケースもあるだろうし、特にスマートウォッチでGoogleのサービスがどれくらい使われるのか気になるところ。


Googleがウェアラブル端末向けに専用OSを用意したことで、例えばAppleが再発明するにしてもおそらくiOSも専用のOSになるんだろう。
SamsungのGear 2だったかのOSはTizenだけど、そもそも他のスマートウォッチや活動量計は、OSと呼べる物を使っているのか、よく知らない。

ウェアラブル端末向けにOSが必要なのって、アプリを活用するからという程度の必要性しか感じないけど、それならGoogleの動きが速いのもまあ分かるような気もする。
アプリが充実することで先行するメリットは相当大きいはず。

一方でリストバンドタイプのウェアラブル端末は、タッチ操作可能なスマートウォッチ系か、単機能的な活動量計か、どういったタイプが伸びるのか、そもそもウェアラブル端末に需要がないのかもしれない。

しかしまあ、Tizen、Androidときたら、後はFirefox、iOS、Windows Phoneとか他のOSにも同じような動きがあるのかも気になるところ。

0 件のコメント: