ページ

2014年2月7日

タブレットPCのWindowsを見限ったSony

ソニーが「VAIO」ブランドのPC事業をJIPに譲渡したことを正式発表、2014年春モデルを最後にスマホとタブレットに集中へ Gigazine
Sonyは業務用が全く強くないんだろう、それで早めの決断のように思えるのかなと思う次第。

また、同様の内容の記事らのどこにもWindowsという言葉が出てこないので、無知な自身にとっては、PCってタブレットPCのWindows 8の事なのか、Windows 7以下なのか分からなかったので、プレスリリースを読むと「VAIOブランドを付して運営するPC事業」とあるのでSonyのホームページで確認したら、タブレットPCなWindows 8以下全部、とのこと。
今回の件はMicrosoftにとっては客先が変わるだけとは言えない状況だろうし、OS名が出てこないのは何だかMicrosoftに気を使っているのかなと勘ぐってみたくもなる。

ということで、例えばこの記事のタイトルに『OS名』を付け加えると、
ソニーが「VAIO」ブランドの『Windows』PC事業をJIPに譲渡したことを正式発表、2014年春モデルを最後に『Androidの』スマホとタブレットに集中へ Gigazine
になるはず。


要するに今回の譲渡によってSonyとしてはWindowsなOSを見限った訳なんだが、PC市場におけるSonyに存在感が無いからなのか騒ぎにもならないんだな。
見限ったと感じるのは、Windows 8というタブレットPCは少なくともタブレットでもあるはずなんだが、SonyにとってWindows 8はタブレットじゃないというか、売れるタブレットではないということなのかも。

0 件のコメント: