ページ

2014年2月14日

スマホって売れないと廃棄するのか

あまりに売れないARROWS、富士通が廃棄処分にしていたことが明らかに BUZZAP!
売れないイコール廃棄処分かというと、少し違う。

まず、当該製品がサッパリ売れないなら、価格を値引いてでも販売するのが通常対応だろう。
それ以前に色々とやりくりはあるだろうが。

しかし、売ろうとしても売れないモノ、例えばリコール対象のようなものは廃棄するしかない。


富士通が、在庫や流通の健全化を理由に挙げているようだが、キレイ事すぎて笑える。

例えば、Microsoftの第1世代Surfaceはサッパリ売れないが品質に問題は無いようなので、恥も何も関係なく、少しでも損失を取り戻そうと値下げ販売し、最近では現行の第2世代製品の供給をストップしてでも第1世代を売り切ろうとしている。

通常はこれくらいガツガツしているもので、リコールもしていない製品を廃棄するなんて、値下げをしても販売できない余程の欠陥品だったか、リコール相当の欠陥があったことを認めているようなものだと思う次第。

0 件のコメント: