ページ

2014年1月14日

フレキシブル有機ELタッチディスプレイなスマートフォン

Samsung、5.68インチの折り畳み可能なフレキシブルOLEDを限定公開 リンゲルブルーメン
秘密の部屋で見せたパナソニックの展示とは PC online
2014 International CESで招待客だけに公開したものだとか。
超高級なモノを扱う展示会ではそもそも招待客しか入れないというのはあるが、一般的な展示会では技術や新製品のプレゼン的な意味合いが強いのか。
何だろ、対象は部品メーカー、小売り大手とかになるのか。

いよいよフレキシブル有機ELタッチディスプレイ搭載スマホが量産となるのかどうか。
この分野がユーザーに受け入れられるようになると、Appleは置いてけぼりを喰らう可能性大なはず。

Retinaという切り口で液晶ディスプレイ量産技術を底上げし有機ELに対抗してみせたAppleだけど、フレキシブル有機ELタッチディスプレイとなるとどうなんだろう、人気が出ている状況ならSamsungに頼んでも無理だろうからLGに頼めばイイとは思うけど。

折り畳めるというと汎用電子機器でキーボードは既にあるし、スマートフォンそしてタブレットもそうなるなら、まだまだモバイルガジェットでワクワクできるような気も。

0 件のコメント: