ページ

2013年12月18日

活動量計の売れ筋

スマホ料金は1/3になる 月額2100円の格安プランは成功するか 日経ビジネス
ここまで手がけているとは驚いた。

東南アジア編(2) カンボジア市場の端末 WirelessWire News
これは以前使った画像。
自身は、リストバンドタイプの活動量計UP by Jawboneを使っている、24じゃない1世代前の。
Nikeのでもいいが活動量計というのは使っている人を見かけないし、何が売れていそうなのか分からないので、安直に価格.comを訪問してみた。

活動量計 人気売れ筋ランキング 価格.com
売れ筋は1,000円〜4,000円のモノのよう。
スマホと連携し、もろもろの計測値を表示するインターフェイスがあって、価格は4,000円程、バッテリー持続3ヶ月は大丈夫というのは驚くスペックではないようだ。

こういうのを見るとJawboneとかは売れているものの10,000円オーバーという価格が場違い的すぎてビビるし、さらに通信キャリアがデータ通信込みで販売している活動量計を思うと頭可笑しいレベルだなと感じる。

これら活動量計で出来る機能的なことに大差はない。
しかし、価格では数倍の差があり、スペック面では特にバッテリー持続が数倍から数十倍の差がある。
バッテリー持続が長いのは、バッテリーが使い捨ての1次電池であるという点だろう。
いわゆるボタン電池だ。
地球環境を考えると色々あるものの、価格でいえば10個で数百円程度。
一方でJawboneとかは、充電できる2次電池を採用するんだが、数日〜10日程しかバッテリーが保たない。


で、マシなバッテリー持続の活動量計はないのかググってみた。
今更で、バッテリーは1次電池だが。

カラダフィット(karadafit) 活動量計 MTB-210 [iPhone対応BLEモデル]
iOSアプリは、カロメモbyルナルナビューティー:ダイエット/カロリー管理

カラダフィット karadafit 髪留めタイプ 活動量計 MTN-200【Android対応NFCモデル】
Androidアプリは、カロメモbyルナルナビューティー:ダイエット/カロリー管理

計測値を表示するインターフェイスが無く、小型、軽量、女性がターゲット。
バッテリー持続は、Bluetooth採用のiPhone対応が6〜8ヶ月、NFC採用のAndroid対応が1年、とのこと。
Jawbone等も、もっと頑張ってくれよとツッコミたいところだ。

Amazonのレビューでは、Bluetooth採用のモデルがiOS 7と相性が悪いようで、NFC採用のモデルは接続が甘いよう。

0 件のコメント: