ページ

2013年11月30日

Nexus 5のケース、Ringke SLIM

Nexus 5のケースに、RingkeのGoogle Nexus 5 Ringke SLIMを購入した。
現状では、ストラップホールがあるので、コレを選択した。

GALAXY S4でも実感したが、ディスプレイサイズが5インチ程度あるスマホはストラップホールがないと、端末操作時に落としてしまいそうで怖い。
Nexus 5は片手操作で親指が画面上部まで届くことは届くけど、それだと端末を保持している指が心もとなく端末を落としやすくなるので、片手操作ができるというレビューもあるが、ちょっと現実的じゃないとは思っている。
Nexus 5本体にはストラップホールがないので、ケースにストラップホールありを求める次第。

このケースは、日本のAmazonでのレビューにもあるように、ケースが堅く、またフォルムが、気持ち台形になっているような感じなので、端末をケースに嵌めにくい。
Nexus 5は両サイドに物理ボタンがあるのでケース装着時にこの物理ボタンが引っかかりやすく、iPhone 5sのようにボリュームボタンのある方をまずケースに入れて後はサクッと嵌める、ということが出来ない。
自身はまだケースから端末を取り外してみたことはないが、SIM交換時には一苦労だろう。
 ケースの、ボタンや端子のための開口は十分。
Nexus 5の背面はカメラ部分が本体から突起しているが、ケース装着で、ケースの嵩の方が高くなる。

またディスプレイ面の方は、ケース装着だと、ディスプレイからケースが0.7mm出っ張っているというのが公式スペック。
これでディスプレイに一般的な保護フィルムを貼っても、まだケースの方が出っ張っている。
強化ガラスフィルムとかなら、ケースより出っ張ってしまうかもしれないが、Nexus 5用の強化ガラスフィルムって今あるのかどうか。
 手触りはサラサラ、見ての通りのマット仕上げ。
この類いの仕上げは、使用感が出る部分はテカってくる感じだ。
エッジの仕上げは、USB端子の辺りの処理が甘く、指で触って分かる程。
RINGKE SLIM Google Nexus 5 Caseは、米国のAmazonで購入し、送料込みでだいたい17ドル。

ただ、今回はデリバリーの追跡なしを選択し、単なる郵便だったのでこの価格に。
日本のAmazonで購入するとだいたい5,000円程度になる。
11月11日に注文し、11月30日に到着。

Nexus 5が届いた11月7日には、既にケースを購入していた
画像内で、左側に並んでいるの。

このケースは、目についた安いのをとりあえずポチった程度だったが、Nexus 5に装着した時の感じが野暮ったく、また保護フィルムとの相性も悪くケース装着時には保護フィルムが2カ所程ディスプレイから浮く。
今回のケースが届くまでケース無しで使っていたくらいだし、どうもな。

しかし、RINGKE SLIMも、Nexus 5に装着しにくいったらない困ったレベルなんだが、ストラップホールがあるから今後はコレを使っていく。

0 件のコメント: