ページ

2013年11月29日

Kindle Fire HDX発売

Kindle Fire HDXは「コンテンツ第一」なAmazonらしい7インチタブレット ITmedia
Nexus 7、iPad Air、iPad miniときて、Kindle Fire HDXが登場。
アプリの数や端末の出来を考えてもiPadシリーズが頭1つ抜けていると思うが、端末そのものの価格も、まあ頭1つ抜けてしまっているわな。

Kindleのタブレットは、登場した最初のモデルが相当売れたようだが、以降の評価があまり高くないようなイメージが自身にはあり、また日本ではあまり売れていないと感じている。
それだけに、日本ではAmazonインスタント・ビデオがどれくらい利用されるのかが気になる。
米国とのサービスの差がありすぎるようだけど。

他、Amazonはスマートフォンを出すのか知らないが、こっちの方が気になるといえば気になる。
スマートフォンとなると、これで電子書籍や映画の利用を期待しているとは思えないし、単純にショッピングへのアプローチなんだろうけど、ショッピングだけだとマルチOSな対応アプリを用意すればいいだけで、Amazonがスマートフォンを出す意味があまり無いようにも思ってしまうけど、噂もあるし。

楽天KoboがAndroidタブレット「Kobo Arc 7HD」を発表、端末の特徴は? キャンペーンは? マイナビニュース
「サービス開始時にたくさん叩かれた」んだと。


日本の10月のスマートフォン販売シェアでiPhoneが76%に、うちドコモが61%を占める Blog of Mobile!!~最新ケータイ情報~
ドコモが6割って、俄には信じられない話だ。

Web広告統計ではiOSのシェアがAndroidの2倍に達することが判明 リンゲルブルーメン
スマホ出荷台数においてはAndroid OSがiOSとの差が大きく開いているが、こういう調査では、Androidスマホが新興国などで台数シェアを拡大している影響だろう、立場が逆転する。
でも、あまりにも差が開き過ぎのような気もする。

0 件のコメント: