ページ

2013年10月9日

Wi-SUNって

Samsungのラウンドディスプレイなスマホは技術のための製品っぽいが、1週間バッテリーが持つスマホの方が興味はある。


「2年後にはスマホにもWi-SUN」――標準化を先導するNICTがWi-SUN普及に自信 (1/2) EE Times
Wi-SUNは、無線LANの規格の1つで1GHz未満を利用し、種類はIEEE802.15.4g/4e。
いわゆる幹線系ではなく、ローカル系の無線通信規格。
「通信距離は500m程度」、「1カ月2000回の通信頻度であれば、単3乾電池3本で10年以上動作」、「最大30台までのマルチホップ通信」が特長とのこと。

1年前の話。
もう1つのプラチナバンド「920MHz帯近距離無線」とは?――省エネと家庭にビジネスチャンス ビジネスネットワーク.jp

0 件のコメント: