ページ

2013年10月19日

iOS 7の雑感

iPhone 5sのM7モーションコプロセッサ対応アプリは1カ月そこらでは目立って増えないな。
例えば、iTunesでM7と検索すると歩数計アプリがでてくる程度だ。
それなりのアプリが出てくるとAppleもiTunesでフィーチャーしてくれると思いたい。


iPhone 5sと第3世代iPadでiOS 7を使っているので雑感を。

iPhone 5sのiOS 7について。
全体的に不満は無く、ブルー画面になることもなく、アプリのクラッシュが頻発することもない。

Safari
インターフェイスカラーがブラックになったと思うけど、アドレスとかパーツとの境が分かるようになったので良かった。

メモ
このアプリは旧デザインが嫌だったんだが、iOS 7になってからはオイオイもうちょっとデザインしようよと言いたくなる程にほぼ真っ白なんで唖然としたが、どちらかというと今の方を推す。

コンパス
自身が知らなかっただけだが、タップすると方向をロックできるんだな。
自身にとっては地味に使える機能。

マルチタスク
iOS 7を使いだしてから、サードパーティーアプリでバックグラウンドアプリをサクッと終了できなくなり、都度ホームボタンをダブル押ししてから個別にアプリを終了させるのが面倒くさくなり、最近ではアプリを終了させるのを諦めてほぼ放置している。
これで特に不便はないが、バッテリー持続を考えると、GPSを使用するアプリはとりあえず気付いたら終了するようにはしている。
アクセシビリティの設定でホームボタンを代用できるのは分かるが、ホームボタンの押し過ぎで馬鹿になられても困るという貧相な想いもある。


 第3世代iPadのiOS 7について。
全体的に不満はない。
iPadを使っていて便利だな凄いなと思うことの1つが、どのポジションでiPadを保持していても起動させたらセンサーによって重力のとおりの天地で表示してくれるところで、ホームボタンを上にしてiPadを保持し起動しても画面が上下逆に表示されることもない。
しかしながらiOS 7になって、こうした挙動含めてどうもワンテンポ動きが遅いような気がしたのでクリーンインストールしてみたところ、iOS 6への上書きインストールよりも動きがイイような気が少しだけしている。

iBooks
iOS 7 用 iPhone ユーザガイドを開くと、iPhone 5sのiBooksとは違うデザインになる。
まあ自身としてはどっちでもイイんだが。
どちらかというと、ページ送りの方向のカスタマイズと、ページめくりのアクションをどうにかしてほしかった。

App Store
アプリの起動がもの凄く遅い、もしくは起動しただけでしばらくするとアプリがクラッシュする時が多い。
最初は、Mac版iTunesのように購入済みアプリを読み込むのに時間がかかっているんだと思っていたが、日を経ても状況は変わらない。
iPadのApp Storeアプリはそこそこ見やすいんだが残念。



iOS 7になって使いだしたアプリ。
iPhoneだと、テキストのコピー&ペーストを管理できるLazy Text
他のアプリ比較でデザインがマシというだけの理由で、基本は有料アプリだが無料になる時もある。
iPadだと、最新フォトマガジン : キュレーションマガジン『Antenna HD』
概要はココとか。
ニュース元が厳選されていないようにも思うし、ちょっとなとも思うけど、画像推しなので文字に飽きたら。

0 件のコメント: