ページ

2013年9月12日

iPhoneの通信キャリアについて

EVO3D祭り再来!MNP一括0円のHTC J One HTL22に5万円近いキャッシュバックがのる事態に iPhone5にも3万円 すまこじ
auがiPhone 5cだけでなく手数をかけて動いているようで、一般の人にとってはこういうのが本命なんだろう。
自身の一発しかないMNP弾は先月に使い切ってしまったので悔やまれるところ。
新iPhoneに買い替えて KDDIが負担軽減検討 日本経済新聞
auは、新しいiPhoneについてもアクションを起こすといっているし、寡黙になってしまったソフトバンクの対抗も期待したい。

iPhone 5sの予約は受け付けないというのは行列ショーのためか知らないが、胸クソ悪い3社横並びだし、料金プランまで高止まりの横並びなんて結末は勘弁して欲しいなと思う。


NTTドコモ、au by KDDI、ソフトバンクモバイル――新しいAppleのスマートフォン「iPhone 5s」と「iPhone 5c」の各社の対応周波数帯をチェック S-MAX
自身はiPhone 5、ソフトバンクを使っているが、先月からドコモのGALAXY S4、SC-04Eも使い始めていて、同端末の対応周波数は
LTE 800MHz、1500MHz、2100MHz
W-CDMA, HSPA 800MHz、850MHz、2000MHz
GSM, GPRS 850MHz、900MHz、1800MHz、1900MHz
となっている。

8月の行動範囲は東京と千葉の駅近くらいで、この範囲で使った自身の感想は、ざっくりどちらも電波の掴み具合は同じくらいだが、ドコモの方が若干LTEの掴みが悪い気もする。

今回、自身が新しいiPhoneにするならドコモを選びたいが、8月からAndroidだけどドコモのLTEを使っているし、わざわざドコモを2回線持つのもアレなんで実際料金次第なんだが、ソフトバンクを継続かなと思う。
ソフトバンクは十二分に胡散臭い。
しかしまあ、auのiPhoneデビュー時のLTEエリア詐称が結構衝撃的でauにするにはちょっと腰が引ける気もするんだが、やっぱり今回はauが強くLTE基地局が多い。

単純に考えると新しいiPhoneは、LTEの基地局数などを調べて分かっている人はau、何だか分からないが安心したい人はドコモ、安かったらソフトバンク、なのかなと勘ぐると、やっぱり安心したいドコモが強いということになるのかどうか。



久しぶりに覗いたら、 Onyxのラージサイズだけ在庫ありになっていたので、他のサイトでも在庫が復活しているのかどうか。
Jawbone UP AssistOn

0 件のコメント: