ページ

2013年9月11日

iPhoneの5sと5cについて

sとcは小文字なんだな、iPhone。
驚いたことがもう1つ、MacのSafariをリセットしたら動作がスゴく軽くなったんだが、これは驚くことではないらしい。


「アップルの革新的ヴィジョン」が「負の資産」に WIRED
iPhone 5cが安くない、どうなってんだクソッタレ、という話。

新開発の廉価版モデル登場が期待されていて、自身もマヌケにも期待していた。
競合他社が新興国での台数シェア拡大に奔走する中、Appleもそのカテゴリーでの存在感が必要だろうと見られていたが、Appleは全く違う見解のよう。
iPhone 4sという旧旧モデルを販売する方針は従来と変わっていないし、今回のiPhone新製品を見るとそう感じる。

今回のiPhone新製品を見ると、Appleは、iPhone 5sで引き続き高級機需要を刈り取りにいくものの、停滞する高級機需要の次の需要開拓として、普及期に入ったスマートフォン市場の一般消費者需要を真正面からザックザックと刈り入れたいのだろうと考えてみる。
いわゆるiPhone 5cよりさらに安価なところの需要層に新モデルを投入しないので、メーカーとしての台数シェア競争には拘らないということになるのか。


つまるところ、iPhone 5sは高級機然としていてスタンダードモデルに適さない、のか。
ではiPhone 4sはというと、そのポジションはiPhone 5では高価すぎてスペック的にiPhone 5cとかぶるし、iPhone 5cが旧モデルになるまでに最低限必要な処置という程度の話だろうと思う。

そう考えると、Appleのラインナップにおけるボリュームゾーンは今後iPhone 5cが主力になっていくはずなんだろうから、端末製造の利益率が気になるところ。
これでiPhone 5cが売れまくり、今後iPhone 5sのポジションのラインナップは少なく高容量化していくとかになれば、iPodと同じ道だな。


一方で、iPhone 5sの発売にあたって予約ができないという件。
iPhone 5sは最早ガジェヲタくらいしか買わないモノだと販売サイドが判断しているから、とか各通信キャリアがiPhone 5cを数多く売る契約をしているし高価格のiPhone 5sは売りにくいので適当に売りたいから、とかすごく単純な話だと思う次第。
iPhoneの発売当初の弾不足はいつものことで、緊急的に品不足なら、なおさら予約を受け付けていると思うんだが、どうなのか。

0 件のコメント: