ページ

2013年9月13日

iPhone 5s、iPhone 5cの価格設定が可笑しいぞ

LTEのエリア化率とかどうでもエエわ、iPhone 5s、iPhone 5cの価格設定が可笑しいぞ、クソッタレ、ウンコたれ、ハゲ。
端末価格などはコレ
キャンペーンは、ドコモauソフトバンク

まずは、ドコモの容量無視の端末同一価格で噴いた、頭オカシイだろ。
auとソフトバンクもMNP優遇で安定し、機種変組は損でしかない。
キャンペーンでは、スマートフォンに学生比率が少ないからか学生ウェルカムの傾向か。

自身はソフトバンクのiPhone 5を使っていて、iPhone 5sなら新規除外で端末一括を希望。
各通信キャリアの料金プランを見ていると、機種変は冷遇されすぎ。
MNPだと、LTEのエリア化を詐称するようなauには行きたくないんだが、1年で買い替えることを考えると自身の場合はauが一番割安になるという悲惨な結果に。
ソフトバンクの機種変キャンペーンはiPhone 5除外だし。

SIMロック解除に対応しないというし、SIMフリー端末でも漁ろうかと思い始めた次第。
どうしてくれよう。


一方で、iPhone 5cの予約が閑散としている件。
iPhone 5cがターゲットとしている一般消費者にとって、スマホなんて必要なモノでしかないので、スマホの新製品の発売日なんて無関心であって、端末の紛失や故障時、2年契約切れの時くらいしかスマホには能動的にならない。
だから、iPhone 5sはiPhone 5cより販売初速は伸びるだろうが、長い目で見ればiPhone 5cが台数的に捌けるのは当然といえば当然の話だろう。

その意味では、販売予約を受け付けないで行列をつくろうとするのはiPhone 5sで間違っていないと思うんだが、この料金プランにはドン引きだわ。
で、iPhone 5sの予約なしはAppleの指示だったんだな、誘導と演出、ご苦労さま。
どうせなら、料金プランに指示出せよ、と言いたいがコレはダメなのか。

0 件のコメント: