ページ

2013年7月15日

電子書籍の端末やコミック、小説に関するアレコレ

2012年度国内電子書籍端末・コンテンツ市場概況 MM総研
電子ペーパー端末で、出荷台数の話。
出荷を示す時は在庫も示せと思うが、加えて今回はAmazon、楽天、Sony以外のメーカー名もグラフに書いてやれよ、可哀想に。
米国では昨年末くらいから電子ペーパー端末が伸び悩んでいる。
日本は伸び悩んでいるのか微成長なのか分かりにくい。

楽天kobo 電子書籍端末の伸び悩みは「計画値が間違っていた」 ブックフェアで新端末展示 朝日新聞社の書評サイト
調査会社もそうだが、端末メーカーも市場規模と成長具合を読み切れていないらしい。


「電子書籍の価格つり上げを主導」 Appleが独禁法違反、米地裁が判断 ジョブズのメールも証拠に (1/3) ITmedia
強気の主がいなくなると暗部も表面化するのか。
米国は「電子書籍市場ではAmazonが約65%のシェアを誇っており、Barnes & Nobleが約20%、Appleが1桁のシェア」とのこと。


電子書籍の未来はガラケーにあり!?(前編) 週アスPLUS
電子書籍普及のカギはタブレットにあり?「iBookstore」はiOSの強みになるのか BCN
2013年度タブレット端末市場に関する需要動向調査 ICT総研


新刊本を原則電子書籍に 角川や学研など 価格は紙の6~8割 日本経済新聞

電子書籍アワード2013:総合ランキングTOP50 ダ・ヴィンチ電子ナビ
古い話だが、上位50の内、40近くがコミック。
まずはコミックだけしか電子書籍にしないと割り切ってもイイんじゃないかと思う。
2013年度電子書籍コンテンツ市場の需要予測 ICT総研



自身の持っている電子書籍の読めるモバイル端末は、電子ペーパーのKindleが2台、スマホがiPhone 5ともう1台、タブレットがiPad 3。

今のところ、小説は無理矢理にでも電子ペーパー端末で読もうとしているけど紙でも読むが、スマホやタブレットでは読まない。
電子ペーパー端末は、バッテリー持続に不満はないし、フロントライトを内蔵しているのがやはり便利。
欲を言えば本体をもっと軽く薄くして欲しい。

コミックはiPadで。
iPad 3はゲームやウェブのクライアント端末、コミックと使ってきて慣れてきているが重くて重くて嫌気がさしているので、次はiPad miniをと思っている。
しかし、1台のiPad miniだけでゲームもと思うと最新のやキレイなグラフィックのゲームがプレイできないような気もするので、iPad miniがiPod touch的に非対応が意外に多い端末にならないか不安。
まあでもiPad miniはiPadより売れているんだろうからゲーム会社もタブレットならiPad miniを標準対応にしてくれるのか知らないが、とりあえず自身にとって次の世代のiPad miniはディスプレイのスペックは脇においてでもCPUやメモリ、グラフィックチップなどのスペックが気になる。

0 件のコメント: