ページ

2013年7月27日

またまたスマホの画面サイズについて

なぜ「Xperia Z Ultra」の画面サイズは6.44インチ? Sony Mobileの開発陣がその経緯を明かす juggly.cn
この記事を読んでいて、スマホの画面サイズの大型化は通信キャリアの意向に沿った結果なんだろうと考えてみた。
世界全般に言えることではないんだろうけど。

例えば、ドコモやauのようにスマホ向けのコンテンツを頑張って売っているところは、スマホの画面サイズが大きい方がコンテンツの利用がより快適なんだろうから、コンテンツが快適に利用できて利用率が高まりそうなスマホをエンドユーザーに勧めて売りたい。
で、スマホメーカーが画面サイズの大きいスマホを作ってくれれば、通信キャリアの目標達成に近づく。

つまるところ、画面サイズの大きいスマホは、通信キャリアのための製品であって、ユーザー動向なんかは爪の垢程度にも考えていない、とか。
例えばAppleはユーザーの使い勝手を追求している稀な企業であって、その他の企業はもっと現実的なアプローチなんだろうと思い直した次第。
通信業界という特殊な環境においてはなおさらで、ユーザーがどういう製品を望んでいるかというより、スマホの売り手がどういうスマホを売りたいかという地に足ついたアプローチを考えないと当然おかしい。
で、スマホの画面サイズは、通信キャリアの事業目標を達成できるような、また通信キャリアの意向にかなった売り易いニーズを積み重ねていくと、だんだんと大型化していった(しかも高スペック)、と。
当たり前といえば当たり前だが、身も蓋もないな。


そうすると、この話の限りでは、電子ペーパーディスプレイ採用のスマホは、現状では電子ペーパーがモノクロしか表現できないことからも、カラフルなコンテンツ利用なんて期待出来ないし、消費電力が少ないというメリット程度では、目新しいという理由以外では通信キャリアはこうした端末を見向きもしない、とか。

2013年7月26日

中古のiPhoneについて

iPhone「次の一手」を読む 中国・廉価版・中古……  日本経済新聞
ツッコミを入れてみる。

iPhoneの中古の流通が盛り上がってきたという点について。
iPhoneの中古市場は、自身の経験から言えば、iPhone 3GSの買取をしてもらう時に既に、中古iPhoneは中国など東南アジアで需要があり買い取ったiPhoneはソコらへ流れるというのを聞いていた。
中国などで中古iPhoneが売られる時は、一部か全部か知らないが脱獄してから売るので、買取時には脱獄してベースバンドを維持していると高値がついた。
というのは当時の2、3の買取業者を渡り歩いた時に聞いた。
コレはiPhone 4の買取の時もほとんど同じだった。
だもんで、今更に中古iPhoneの流通がどうのというのはアレだなあと思ってみる。


もう1つ、「新興国でのシェアを高めるアップルの秘策」が中古市場という点がよく分からない。
真っ当にスマートフォンメーカーであるAppleが、いやAppleでなくともメーカーなら基本的に、中古市場なんて腐って溶けろッ、という程に敵のはず。
Apple自らが行っている整備済製品の販売は地球環境云々でのパフォーマンス的な意味合いが強く、Appleとしてはもちろん新品が売れた方がイイ。
んで、中古iPhoneなんて脱獄やその他諸々Appleにとって好ましくないケースが多く、さらに中古iPhoneが売れてもAppleに何の利益にもならない。
で、新品iPhoneより安価な中古iPhoneが常に大量に市場に出回っているなんて状況はAppleにとって願い下げであって、中古市場のシェア獲得に勝利するって何の話なんだ、と。
そして、中古iPhoneが大量に市場に出回っているなら、iPhoneを下取りに出して異なるiPhoneを手に入れようとする際、普通に考えれば新品より安価な中古iPhoneを再び求めるんじゃないか、とか。

2013年7月22日

楽天のkoboって売れてるのか

auがスマホ返品交換サービスを発表するとソフトバンクがすぐ反応したんだが、ドコモだけポカーンなのかドッシり構えているのか知らないが、この構図は中々に味わい深いなと思いつつも置いておいて、楽天のkoboについて。

電子書籍「楽天kobo」が開始から1年、「反省して学んだことを今後に生かす」スマホアプリ配信が転機となりユーザー増、電子書籍端末の値下げで販売強化 PC Online
「リアル書店へのインフラ提供が今後の大きなキー」――Kobo1年の総括とこれからの施策 ITmedia
これらの記事をザッと読むと、端末の販売状況については一切触れていないけど、何なんだろうか。
企業でなくても喋りたくないことは喋らないのは当然だが、ニュースにするメディアも言及しないというんだから変に徹底されているんだなと。

わざわざ言わないんだから端末の売りは良くないんだろうと察するし、今回の端末の値下げも未だに在庫処分を続けているんだと思ってイイんだろうか。
BCNのランキングを見ていると値下げ以降も上位は結構koboなんだけど。

端末の売りがどうでも良いというなら、まさにAmazonと同じスタンスなんだろうと思うが、楽天は日本での販売初の時にあれだけ台数に言及していたのに、今回端末価格を値下げして攻勢をしかけているというのなら改めて目標台数でもサラッと言っとけよ、とも思う次第。

2013年7月21日

iPhoneの販売奨励金

【レポート】新モデルでビジネスモデルを転換? 既存ビジネスモデル破綻後のAppleとiPhoneを考察する マイナビニュース
話としてはSurface RTが売れていない方に延々とツッコミたいんだが置いておいて、高級機スマホのニーズが足踏みし始めていると言われる中、高級機スマホを牽引するAppleをとりまく周辺事情として販売奨励金に絡む米国の通信キャリアについてや今後の話。

話をひっくり返してみると、販売奨励金という工夫で売り易くする以前に安価なスマートフォンを調達すればどうなのよ、と。
例えば日本でスマホは高スペックで高価な端末しかユーザーが買わないんじゃなくて、高スペックで高価な端末しか売っていないだけで、安価なスマホをユーザーが望んでいない訳がない、とか。

2013年7月19日

Windows Phoneのタイルアイコンで数字

Windows Phone 7.8でタイルアイコンを並べ、夜露死苦という文字は無理だったので4、6、4、9という数字を作ってみた。
スクショ撮れねェから1枚ずつ。
もうWindows Phoneのタイルで遊ぶこともないのかどうか、前回はらくらくホン
IS12Tの2年契約ともそろそろサヨナラだ。

Windows Phoneのアプリは、メジャーどころがなかなか正式対応しない。
例えばfeedly(リンク先はヘルプのページ)は、ユーザーからの要望をとりあげ、主要な要望に対しては投票スタイルで機能拡充を進める姿勢をみせている。
が、Windows Phone対応について能動的な動きはなく、ユーザーからの要望待ちという案配。
なんというか、開発者から完全に足下をみられているプラットフォームになってしまっている。
まあ、他のアプリでNextgen Readerといったfeedly対応を果たしているのはあるようだが。

つまるところ、何だかアレだな。
iPhoneはエンドユーザーがイイと認めたスマートフォン。
Androidスマホは端末メーカーや通信キャリアにメリットのある端末。
Windows Phoneはどちらにも認めてもらえず、Microsoftの気勢だけでできているような端末なのかなと。

IS12Tはどうしてやろうか。

2013年7月15日

電子書籍の端末やコミック、小説に関するアレコレ

2012年度国内電子書籍端末・コンテンツ市場概況 MM総研
電子ペーパー端末で、出荷台数の話。
出荷を示す時は在庫も示せと思うが、加えて今回はAmazon、楽天、Sony以外のメーカー名もグラフに書いてやれよ、可哀想に。
米国では昨年末くらいから電子ペーパー端末が伸び悩んでいる。
日本は伸び悩んでいるのか微成長なのか分かりにくい。

楽天kobo 電子書籍端末の伸び悩みは「計画値が間違っていた」 ブックフェアで新端末展示 朝日新聞社の書評サイト
調査会社もそうだが、端末メーカーも市場規模と成長具合を読み切れていないらしい。


「電子書籍の価格つり上げを主導」 Appleが独禁法違反、米地裁が判断 ジョブズのメールも証拠に (1/3) ITmedia
強気の主がいなくなると暗部も表面化するのか。
米国は「電子書籍市場ではAmazonが約65%のシェアを誇っており、Barnes & Nobleが約20%、Appleが1桁のシェア」とのこと。


電子書籍の未来はガラケーにあり!?(前編) 週アスPLUS
電子書籍普及のカギはタブレットにあり?「iBookstore」はiOSの強みになるのか BCN
2013年度タブレット端末市場に関する需要動向調査 ICT総研


新刊本を原則電子書籍に 角川や学研など 価格は紙の6~8割 日本経済新聞

電子書籍アワード2013:総合ランキングTOP50 ダ・ヴィンチ電子ナビ
古い話だが、上位50の内、40近くがコミック。
まずはコミックだけしか電子書籍にしないと割り切ってもイイんじゃないかと思う。
2013年度電子書籍コンテンツ市場の需要予測 ICT総研



自身の持っている電子書籍の読めるモバイル端末は、電子ペーパーのKindleが2台、スマホがiPhone 5ともう1台、タブレットがiPad 3。

今のところ、小説は無理矢理にでも電子ペーパー端末で読もうとしているけど紙でも読むが、スマホやタブレットでは読まない。
電子ペーパー端末は、バッテリー持続に不満はないし、フロントライトを内蔵しているのがやはり便利。
欲を言えば本体をもっと軽く薄くして欲しい。

コミックはiPadで。
iPad 3はゲームやウェブのクライアント端末、コミックと使ってきて慣れてきているが重くて重くて嫌気がさしているので、次はiPad miniをと思っている。
しかし、1台のiPad miniだけでゲームもと思うと最新のやキレイなグラフィックのゲームがプレイできないような気もするので、iPad miniがiPod touch的に非対応が意外に多い端末にならないか不安。
まあでもiPad miniはiPadより売れているんだろうからゲーム会社もタブレットならiPad miniを標準対応にしてくれるのか知らないが、とりあえず自身にとって次の世代のiPad miniはディスプレイのスペックは脇においてでもCPUやメモリ、グラフィックチップなどのスペックが気になる。

2013年7月13日

懐が深いドコモ

iPhoneを見送るドコモが得るもの、失うもの──Appleとは“持久戦”か (3/3) ITmedia
「」内はコピペだが、ドコモは今年の「6月には14万6900件の転出超過を記録し、53カ月連続での転出超過」だが、「ドコモの総契約者数は13年上半期には63万人増加しており、利益も堅調」だとさ。
何を言っているのか分からないが、ドコモって凄い。
これだけ負け続けても生きていけるっていうのは、単に企業規模が大きいからというだけじゃなく業界そのものがユーザーをカモり続けているから、とか思ってみる。
何だか東電とデジャブだな。


ドコモは、Androidを担ぐ、Amazonになりたい、ということ以外では特段に中長期な視点の目立った取り組みをやっていないような気もするが、スマホにおいてのツートップ戦略が小粒なソレなのかどうか。

6月のデータによると、はやくも躓いたドコモのツートップ戦略。
しかし、パナソニックがドコモへのスマホの供給を停止するということからも、同戦略は後戻りが効かない類いのことなんだろうし、瞬間的な効果のキャンペーンとは違うはず。
自身としては、同戦略で、ドコモが躓いて転んで鼻をうって前歯が折れて自転車にひかれて、とまでは言わないので、ヘコんで盛大に3円運用キャンペーンをうって欲しいと思う次第。

つまるところ、ここまで負け続けても、あくまで原因は端末にあるということだけど、iPhone云々よりデータ通信料を値下げして競争してくれた方がもっと強烈なアピールになる。
データ通信料って茸ぇよな。
日本人的な考えからすると、ツートップ戦略の前に自身の身を切ってほしかったところ。
ソフトバンクもデータ通信料よりも、減少傾向にある通話料に着目してユーザーにリーチしようとしているが、状況的に負け続けているドコモがデータ通信料を値下げしてくれるのが理想的だよな。
ドコモの懐は深い。

2013年7月6日

またスマホの画面サイズについて

スマホ以上タブレット未満、「ファブレット」は日本で普及するか? 日経トレンディネット
ファブレットはニッチな商売なんだな。
中国と韓国だけか。
何故にアメリカがファブレットの売れている国に入っていないのかが不思議。
アメリカは結構なまでにヘッドセットで通話する人が多いと思うし、ネットやゲームに関心がない訳でもないだろうに。

と思ったので以下。
ファブレットは、高級機に分類されると思う。
で、中国でコレが売れている傾向にあるというのなら、例えば大きいテレビや大きい家具や大きい住宅設備機器が好きな高級機ターゲット層にとって、ファブレットは今までのスマホより大きいからという理由くらいで買われているみたいな単純な話だと思ってみる。
韓国に関しては、Samsungのお膝元だからソコソコ売れているのか。

などと考えてしまうと実もフタもないか。


真面目なメモはおいておいて、スマホの画面サイズは消費電力のアレコレに直結するので、1年以上前の古い話だが。
スマホの不満解消へ、あらゆる手段で電力削る 「電池の持ち」改善への挑戦(1) 日本経済新聞
2、3、4と続いているようだが、何語で喋っているのやら。


久しぶりにJEITAの統計をわざわざ検索したら調査のチカラがヒットした。
こんなところでスマホ画面サイズについての何やらがでてこないか見てみたが、パッと見はなさそう。