ページ

2013年1月13日

MacアプリのWindows Phone

Macのアプリで、iPhoneでいうところのiTunesにあたるWindows Phone用のWindows Phoneがアップデートした。
バージョンは3.0.1。
アップデート内容のコピペ。
・一部のお客様について、アプリがクラッシュする問題を修正しました。
・リモート フォルダーへのアクセス権を付与するための指示/ドキュメントを更新しました。
・データ選択機能を改善しました。
・Windows Phone 8 デバイスのアルバム アートの取得を改善しました。
・一般的なバグを修正しました。


で、IS12Tのバックアップをとってみたら、従来の保存場所にバックアップデータが見つからない。
コレが以前のバージョンからだったのかは不明。
従来は/Users/ユーザー名/Library/Application Support/Windows Phone 7 Connectorにあった。

保存場所が見つからなくても、MacのFinderのステータスバーでは約10GBが減った表示を確認している。
10GBだが、自身のIS12Tは約28GBの内の18GB程度を使っているが、Macにバックアップするとこのデータサイズとなる。
これだけバックアップデータが大きいことからもデータのサイズで保存場所を調べることにして、Macのフォルダ階層のデータ使用状況を数字で表示できるフリーアプリのOmniDiskSweeperを使ってみると、バックアップデータは/Users/ユーザー名/Library/Containers/com.microsoft.Windows-Phone-7-Connector/Data/Library/Application\ Support/Windows\ Phone/Devices/数字\ -\ 数字\ -\ 数字\ -\ 数字/Backupにあった。

見つかって良かったということで、とりあえずMacのWindows PhoneアプリをAppCleanerで削除してから再インストールしたら、バックアップデータのサイズ情報もちゃんと表示されるようになった。
再インストール後、同期をしない設定にしたら/Users/ユーザー名/Library/Application SupportにWindows Phone 7 Connectorのフォルダは作られなかった。

そもそもだが、IS12TなどWindows Phoneの使用状況によっては、Macで数GBもディスク容量を占有するのに、そのデータを自らのアプリのGUIで管理・操作できないなんて、不便すぎる。
自身のPCは初代の11インチMacBook Airなのでディスク容量管理はシビアというのもある。
自身の使用状況だと、例えばIS12Tを2回バックアップすると20GBもMacのディスクス容量が使われることになるので、古過ぎるバックアップデータは手動で削除していた。
MacのTime Machineアプリのように初回以降のバックアップには差分バックアップで済むようにでもして欲しい。
しかし、Windows Phoneをいつまで使うかというと微妙ではある。


Nokiaが久しぶりに好決算! Lumiaの販売台数は440万台に ASCII
この微妙な台数に恥じらいもせず好調だと言うNokiaが男前。
MicrosoftもブッてないでサラッとWindows Phoneの販売台数を公表すればイイのにナ。

2013年1月10日

廉価版iPhoneについて、など

DigiTimesに続き、WSJも「廉価版iPhoneは開発中で、早ければ2013年後半発売」と報じる 気になる、記になる…
この傾向は、画面サイズが大きくなったiPhone 5や画面サイズが小さくなったiPad miniが出る前と雰囲気が似ているなと思える。

AppleのトップがTim Cookになってからは、Jobsの言葉尻を今後のAppleの新製品の妄想に当てはめるのはダメっぽいなと、考えてみる。
iPhone 5とiPad miniで、良い意味で裏切られたなと思うからだが。
しかも、iPhone 5とiPad miniは、Androidのスマホとタブレットの伸長している傾向をピンポイントでパクっている。
ざっくりだが、Jobsという対Androidな我の強さみたいなものがAppleになくなり、今のiPhoneやiPadは分かり易く普通の製品展開な方向なのかなと思ってみる。
といってもTim Cookの在職中は、iPhoneやiPadなどを転がして派生品ばかりをリリースするとも思えないので、今後は驚くような新製品もとりあえず期待したいとは思う。

廉価版と聞くと、iPhoneなどのように手に感じるアノ重さ加減がどういうバランスになるのか気になるが、軽さというとポップな色使いも連想するのでiPodのように見た目のカラフルさで何とかするんじゃないかと。
あにはさておき、自身としては廉価版iPhoneは出して欲しいと思っている。
で、ラインナップを考えるとすると、AppleはMacでもiPadでもそうだがスペックや価格をちゃんとカブらないように調整するんだが、iPod touchとの価格のバランスが問題になりそう。
iPod touchの最新世代と古い世代の各モデルとスペックや価格がカブらないようにするのはちょっと難しそうで、廉価版iPhoneと言われている価格帯は無理っぽいとも思う一方、それならiPod touchもモデルや価格の見直しをすればイイだけなんだが。
しかし、iPod touchというモデルはAppleにとって相当なまでに重要な位置づけにあると思うので、iPod touchの存在意義や利益が損なわれるような方針はちょっと考えにくいので、iPod touchの最新世代モデルは廉価版iPhoneより高額という設定もありなのかも。


これがCanonicalの「Ubuntu Phone」だ!--CESで見たデモ端末を紹介 CNET
Firefox OS搭載スマートフォンの実機試用ムービーがYouTubeで公開中 Gigazine
こういうのが新しいインターフェイスデザインとでも言うんだろうか。
iPhoneやiPadのiTunesのインターフェイスデザインを見ていると、これが将来的にiPhoneやiPadのホーム画面の操作インターフェイスにとって変わるんじゃないかと考える時があるが、それはぜひ実現しないで欲しいと願う。
それはナイか。


【コラム】新・OS X ハッキング! 79 【新春特別企画】どうなる? 2013年のMacを考える マイナビニュース
そういえばiPhoneやiPad、Kindleのことばかりで、Macのことをすっかり失念していた。
大袈裟にいえば、Macを使いこなしたいというよりもiPadを使いこなしたいので、今使っている初代の11インチMacBook Airを買い替えたいと思うような日はいつ来るんだろうかと他人事のように思う。
iPadがMacのスペックを超える日は訪れるのかどうか。

Safariは、数多くのタブを開いたりしているとクラッシュする傾向がOS X Mountain Lionにしてから続いているので、何とかして欲しい。

iTunesは、アプリが数千個規模ある状況でiPhoneなどの同期時にバグるのをいい加減に直して欲しい。

アプリのReederの挙動が変だったが、削除後に再びインストールしたら、まあ直った。

Macで類似画像検索アプリはあまり充実していないよう。
とりあえず自身はPixCompareというフリーアプリを使うことにしたが、Mac App Storeで有料アプリならGemini:重複ファイル検索ソフトTwins Miniなど色々ある。
当然ながらファイル名とかならOS標準の検索でzip内も検索できるんだが、類似画像検索となると圧縮ファイル内はダメなようなので、とりあえずこの要件は諦めた。

Windows 8はPCとタブレットを融合したけど、MacはぜひともWindows 8をパクらないで欲しいと願う。


iCloud Status Apple
今更だが、Appleのシステム状況報告のページデザインが変わってた。
細分化されているのを見ると色々あるんだなと感心しつつ、もはやAppleの強みの大部分はこうしたサービスにあるんだろうなと改めて思った。