ページ

2012年11月28日

Kindle PaperwhiteでPDFとJPG

Kindle Paperwhite 3Gで自炊PDF、JPGファイルのコミックを読んでみた。
とりあえず3册読んでみたが、顔をかなりKindleに近づけないといけないし、特に小さな文字や吹き出し外のツブヤキっぽい文字などは判別不能なため、読後はちょっと疲れた感じがする。

Kindle Keyboard 3Gでもコミックを読んでみて分かってはいたが、解像度も167から212に向上していてるものの、Kindle Paperwhite 3Gの方が少しモノがくっきり見えるようになった程度でしかない。
ということで、Kindle Paperwhite 3Gでコミックはなんとか読めるものの、どちらかというと読まない方がいいと思った次第。


Kindle Keyboard 3Gの時に、Kidnle向けのMacでのファイルの作り方などをメモしていると思っていたが、していなかったのでメモ。

PDFファイルは、Mac標準アプリのプレビューで、データサイズ縮小、1つのファイルへ結合、JPGなどからのPDFへの変換など全てできるんだが、それらしいアプリならcalibreとかがある。

久しぶりにKindle向けに作業をしたら、PDFデータサイズの縮小に躓いたので、参考にさせてもらったのが以下。
PDFのファイルサイズ圧縮したりPDFからJPEGにしたりJPEGからPDFにしたりの方法(MacOS X Automator) ES… MotionGraphicDiary 動画素材とか映像作品とか
プレビューアプリでデータファイルをPDFへ変換する際、QuartzフィルタのReduce File Sizeをカスタマイズした項目を使えるようにするというもの。

JPGファイルは、KindleをMacにUSBケーブルで接続した際、外付けディスクとしてKindleが認識されるので、その中にimagesフォルダを新規に作成してフォルダ内に入れれば閲覧できるようになる。
JPGファイルそのままでも、フォルダに入れたままでも、ZIPファイルにしてもいい。
でもJPEGフォーマットではKindleが認識しないので、JPGに。
他、GIFやPNGのフォーマットでも大丈夫だったはず。
画像ファイルは全画面表示されるので、コミックを読むなら画像ファイルの方がほんの少しでも大きく表示できPDFよりイイとは思う。
わざわざJPGファイルに変換するのもアレだなとは思うが、プレビューアプリならJPGファイルへの変換の方が簡単かも。


で、感想として、電子ペーパーディスプレイのKindleは、自炊コミックに優しくないスペックだなと改めて思った。
Kindle Paperwhite 3Gは、2GBというディスク容量も実際使えるのは1GB程度だし、SD系カードの拡張スロットもない。
ディスクへのアクセス速度も今時のモバイルガジェットにしては、相当遅い。
徹底的にコストを削減しているのか、自炊モノをワザと扱いにくくしているか、このドッチかというより両方なんだろうと思う。
Kindleストアから電子書籍を買い易くする工夫は頑張っているんだろうが、これ以外はテキトーなスペックだし、分かり易いといえばそれだけなんだけど。
小説など文字モノを読むには十分なんだが、とりあえず自炊コミックはダメかなと思いつつ、競合との競争の中でこれらが改善されればなあと思ってみる。

2012年11月24日

Kindle無料3G

Kindle Paperwhite 3Gを使い始めているが、今は自炊ファイルについて、ぼちぼち色々試している。
とりあえず自炊のメモじゃなく今更なメモだが以下。

Kindle Paperwhite 3Gの無料3G接続でどこへでも繋ぐ方法 ぴよひこむ
3Gモデルならでは。
といっても自身は3Gモデルじゃなくても良かったかなとは思っている。

Kindle Paperwhite既に脱獄手順が解明済み! netbuffalo
スクリーンセーバーやフォントの変更ができる程度。

本当に面倒だ。

Kindle Paperwhite 3Gインナーケース購入

Kindle Paperwhite 3G用に、エレコムのタブレットPC用インナーケースTB-02NCBKを購入した。
iPhone 5のケースと同様BUILTを考えていたが、今回はKindle Keyboard 3Gのケースにブルーの同様のを使っていたことから選んだまでで、Kindle Keyboard 3Gではほぼジャストサイズだったが、画像で分かるようにKindle Paperwhite 3Gのサイズにジャストという訳ではない。

Kindleのディスプレイを保護するためにカバーなどを考えていたが、とりあえずインナーケースにしたのは、Kindle本体に装着するカバーだと総重量が重くなるから。
これまではKindle Keyboard 3G以下のようにディスプレイにライトを内蔵していないタイプのKindleならAmazon純正のライト付きカバーのメリットは結構なまでに大きかった。
Kindle Paperwhite 3Gは、ディスプレイにフロントライトを内蔵しているし、今回、Amazon純正カバーを装着するメリットはそれほど大きくなく、他の本体に装着するカバーにしても常に顔近くにKindle本体を保持することを考えれば少しでも軽い方ががイイかなと思いインナーケースになった次第。

で、Kindle本体はケースから何度も出し入れするものなので、出し入れが容易で出入口に金属類がないものを考えた。
他、Kindleの本体価格なりに、インナーケースの価格も抑えようと思っていたというのもある。
ざっくり思うに、Apple製品程にこだわったモノならなあとは思うけど。
Kindle Keyboard 3G程アレではないと思っているKindle Paperwhite 3Gなので少し安心はしたものの、ケース選びにそれ程に気張ることもないかなと。

ただ、Kindle Paperwhite 3Gも裸だといつかは落としそうなのでカバーもとは思いはする。
便利モノで、持ち手補助的なグリップ系のモノがでれば面白いとは思うし、このインナーケース内にもそれらをKindleに装着しても十分余裕はあるはず。


追記 11/26
Kindle Paperwhite専用 リバーシブルインナーケース TB-KIN1NCBK
専用のケースがあった。

2012年11月21日

Kindle Paperwhite 3G購入

Kindle Paperwhite 3Gを購入した。
箱の頭は尖っているんだが撮影しきれていない。
異形な箱にして目立たせようとしているなら、販路はオンラインがメインではないんだろうかと思った。

書店だと図書カードでKindle買えるで、と聞き、とりあえず家捜ししていたら3000円分の図書券が出てきた。
さらに聞けば図書券がまだ使えるということで、じゃあKindleを買おうと思い、立ち寄った恵比寿に有隣堂があったので聞いたら在庫アリで購入した次第。

Kindle Keyboard 3Gは米国Amazonストアで購入したが、今回、リアル店舗の書店でKindleを購入というのは何とも変な感じだなと思った。


追記 11/22
箱は、コレがリアル店舗販売用みたいだ。

iPadアプリ、Totem Runner、など

iPadアプリ、Totem Runnerをクリアした。
iPhoneアプリも有効なユニバーサルアプリだが、iPadでプレイしているのでiPadアプリと。
横スクロールのノンストップ、ランニング系ゲーム。
とにかく、鳥と猪に変身するその変身推移具合がスムーズでカッコイイし、上手く敵や障害物を破壊したり避けたりすると変身モーションと合わさってなかなかに気持ちいい。

プレイヤーが死んでもペナルティはなく、何度でもチャレンジできるので難易度は高くなく、第3世代iPadでプレイしたが全般的にアプリの挙動は安定していて、操作性もいい。
最近は無料アプリだが、課金せずにクリアできてしまうので、ゲームバランスとしては大丈夫かなと心配になるけどゲーム全般でちゃんとしたつくりだと思う。

敵を避けたりステージの段差を上にいくには、ボタン押しで鳥に変身し空を飛び、方向を変えるのはティルト操作。
壊し判定ありの障害物を破壊するにはボタン押しで猪に変身すれば、自動で障害物を破壊する。
人姿の時は、横スクロールなので自動で右に走るだけなんだが、ボタンを推し続けることでビジュアル的には走った後に花が咲き乱れ、このボタンを押し続けることでより多くのスコアを計上できる。

進路にあるジェムを一定数集めれば、いわゆるボムが使えるようになる。
ボムは、現在地から次のチェックポイントまでの敵を皆殺しにして、チェックポイントまでに落ちているジェムを全て拾うという、かなり強力な設定になっている。
ということで、最終ステージはボム無しだとちょっとしんどいかもしれないが、ボムが貯まっていれば連発するだけでもクリアはできる。

iPadのティルト操作時、つまり鳥の飛行時はまっすぐ飛ぶだけならスムーズな挙動だが、上下に動く際にちょっとカクカク的な挙動になる。
だが、かなり微妙なティルト操作を反映して細やかな動作もできる。

ゲームはほぼiPadでプレイしているが、やっぱりiPadは重いな。
iPad miniが欲しくなる。


この他、Extreme Road Trip 2も面白い。
Tiny Wings系ゲームはガッツりプレイしたことがなかったと思うが、かなりハマる。
レビュー:Extreme Road Trip 2 地味なのにはまりすぎるトリックドライブアクション iPhone GameCast

そういえばGreat Big War Gameもだいぶ以前にクリアしているし、前作のGreat Little War Game HDも面白かった。
難しいなと思っているゲームでは、MASS EFFECT INFILTRATORは想像していたTPSシューティングとは違ったからか、なかなか最初のステージをクリアできない。

SHADOWGUN: DeadZoneは、ようやくランク2になったが、とりあえず死にまくっている。
オンラインゲームは初かも。

DODONPACHI MAXIMUMは、ステージの2-B、3-C、4-D、5-Eをアンロックできず休止中。
シミュレータという設定らしいが、プレイ途中にでてくる台詞って必要なのか。

2012年11月18日

大弛峠

少し前になるが、大弛峠に行ってきた。
ここは自動車で登れる日本一高い場所らしく、標高は2360m。
雪を踏んできた。
帰り道に富士山がよく見えた。

2012年11月17日

スマホにコーティング、など

PHSランキングに、あのユニーク端末がついに登場! ITmedia
イエデンワきた。

SoftBankのiPhoneを1.6万円で遠隔SIMロック解除してくれる国内サービスが開始 ガジェットショット
iPhone 4S以下が対象とのこと。

スマホコーティング DEVICENET
自身はiPhoneを3Gから歴代のを使っているしiPadもそこそこ使っているとは思うが、ディスプレイや保護フィルムのコーティングが剥げ落ちたという経験が一度もなく、ヘビーユーザーにとって保護フィルムかコーティングのどちらがイイのかは分からない。
自身は、iPhone 4Sまでは保護フィルムを貼って使っていたが、iPhone 5からは保護フィルムを貼っていないしコーティングもしていない。


これも今更だろうが、改めてAppShopperをみていたらiOSとMacのアプリにおいて、Top 200のページではランキングのピークや、ピークを維持した日数が記してあったので、アプリ選びの参考になるかと。
ついでに似たようなサイトをapptrace BETAとか、App Annieとか。

2012年11月13日

販売初速に勢いがないWindows 8

Windows 8搭載PCは7の在庫処分とタブレット新製品発売で不調~タブレットは8型未満がブーム、BCN調べ PC Watch
タブレットに片足突っ込んだPCという立ち位置のWindows 8だが、PC販売の初速が出ずに躓いた格好のよう。
スペックが同じWindows 7とWindows 8の価格差はほぼ2倍とのこと。

マイクロソフト、Windows RT 版 Surface は「まずまず」の売上げ (バルマーCEO) engadget
メーカー
Windows RTも微妙のよう。
Windows Phoneの発売時とデジャブだな。

あまり嬉しくないWindows 8英語版の新機能 Slashdot
OSに広告を表示している、とのこと。


「Windows Phone 8」が日本で発売されない理由 ASCII
競合のAndroidの状況と比べれば説得力のない話。
Windows Phone 8はアプリで下位互換性がないので、7.5で実績の残せなかった地域は切り捨てやすいとも言える。
なんだかんだで日本は未だにWindows Mobileのシェアの方が高いような気もする。

2012年11月10日

セイコー スーパーランナーズ EX

セイコー スーパーランナーズ EXのSBDJ003を購入した。
5年前から使っていたランナーズW562からの買い替えだが、スーパーでEXなのにしてみた。
特に理由もないが、気になったのは防水スペックくらいか。
来月の12月にはブラックとイエローの新色が出るよう。

SBDJ003はストップウォッチ機能、歩数や消費カロリーの計測もできるが、PCやスマホとかの連携はできない。
連携ができる今時のには、腕にはめるタイプとしてNike+ FuelbandJawbone UPがあり、クリップタイプにはFitbitとか。
AppleのiPod nano第6世代の延長線には、さらに小型になって、こうしたモノ向けのスペックにでもなるかと妄想していたが、第7世代ではあっさりと大型化してしまった。

今時の歩数や消費カロリーの計測ができるガジェットは活動量計とかいったりするようだがタッチパネル操作のものがあったりいろいろあるようで、腕時計タイプのものは心拍計やGPS機能など多機能化している。
が、自身としては、こうしたスマホ連携モノはバッテリー持続の点で横着な自身にはちょっと管理しきれないかなと思って様子見している。

自身としてはスプリングドライブ機構がイチオしだが、腕時計タイプのバッテリーは太陽電池で解決できると思うし、既にセイコーのアクティブマトリクスEPDウオッチでは電子ペーパーディスプレイに太陽電池機能も付加できていて、コレをそのままスマホとかに連携できる活動量計に仕上げて欲しいと妄想する次第。


追記 11/10
そういえば技適の問題があったなと思いつつ、関係ないが技適で思い出したのでDual XGPS150 Universal Bluetooth GPS Receiverをメモ。

2012年11月9日

iPhoneで地図マピオン、など

iPhone アプリ「地図マピオン」が100万 DL 突破、現在地の追従機能を新規追加 インターネットコム
Appleが推せばこうなるのか。

ふええ……Kindle本がiOSで読めないよぉ…… 電書ちゃんねる
Kindle本は、端末を選ぶ、らしい。

2012年11月08日 WASTE OF POPS 80s-90s
iTunesに突撃してきたSonyの、まだiTunesに並んでいないアーティストのリストとのこと。

組織票か。
技適な。

Custom Namiki Falcon Resin Fountain Pen HD YouTube
今更な動画だが、スゴイ技術。

2012年11月7日

売れまくるiPad mini、など

アップル「iPad mini」と新型「iPad」の販売台数、3日間で300万台に WirelessWire
iPad 3は3Gモデルが50%とはスゴイ気もするが、それならiPad miniはもっと3Gモデルが売れるんだろう。

ICT総研が全国でLTE対応スマホの速度調査を実施 - 下り/上りともにソフトバンクが首位に マイナビニュース
WiMAXはなくなるの? PC Watch
iPhone 5を使って分かったが、LTEって本当に速いな。
スマホのLTEは通信制限がいろいろあるものの、これが普及したら特に日本では益々PCが売れなくなるんだろうとざっくり思う。

今のdocomoは、スマートフォンのインフラ整備などの取り組みが日本のキャリアの中で一番遅く、数度の通信障害を経た行政指導などからも分かるようにスマートフォンの構成比が高まる現在ではインフラが弱い。
Xiに関しては、LTEへの取り組みとして3キャリアの中で最もインフラ整備が遅れているので、例えばiPhoneのSIMフリー版でdocomoのXiにつながったという話は、繋がりにくい3Gのソフトバンク通信網を使うことができたから万歳といっているようなもんだと思うので、Xiに無理して繋いでもiPhoneのバッテリーを浪費するだけかも。
とは思うものの、iPhoneのSIMフリーの壁があるのは日本くらいのモンだろうから、SIMフリーのネタが沸いているのは大歓迎。


自身のMacBook Airの中のデータやら何やらの整理を終えて、以下に目についたものを。
iPhone 4Sからは脱獄していないけど、SHSHの取得は何故か欠かさずやっているのでリンクが残っていたんだろう。
iPhone, iPod, iPad and Firmware/Software Download

今更リンクを貼るようなところでもないが、そういえばご無沙汰だなと思ったので。
Project Gutenberg

中国、新興国の「今」をお伝えする海外ニュース&コラム。
KINBRICKS NOW
iPhoneが便利すぎ、賢すぎ、エロすぎ、暴力的すぎだと中国で話題に

2012年11月3日

iPad miniを触ってきた

iPad miniを触ってきた。
薄くて軽いのにちょっとどころか驚き、片手で持てるし、ボタンの材質もiPadより良い。
これからタブレットを考えている人には最適だろうと思う。

また、実際にちょっと触っただけでは確かめられなかったが、気になっていたのはコミックの表示。
【iPad mini】「Kindle」アプリで電子書籍を読んでみた ネタフル
まず、自身はそもそも小説などの電子書籍をタブレットで読むというのは日常的な使い方に考えていなかったが、iPad miniを持って触ってみると、電車の中でもサッと持ち出して電子書籍を読むのにも十分だなと思った。
というのも第3世代iPadとKindle Keyboard 3Gを使っていたからだが、iPad miniで印象も変わった。
Retinaディスプレイの有無は自身にとってあまり重要ではないので、この際どっちでもイイ。
コミックの表示は、思っていたより小さく表示されていないようで大丈夫そうか。

この他、ネットの報告ではNexus 7との比較がほとんどだが、ディスプレイサイズだとGALAXY Tab 7.7 Plus、筐体サイズだとKindle Fire HDとかが比較になるのかどうか。


第4世代iPadも触ってみたが特段の感想もないのでSurfaceと比較すると、ディスプレイの解像度がやはり圧倒的に違うなと。
また、SSDの空き容量を見てもそうだが、Surfaceというのはスペック的にはほとんどラップトップで、見た目だけタブレットだなと感じた。


で、結局iPad miniは見送ったが、売り場の熱気にほだされたのか第3世代iPadのケースを購入した。
バッファローのBSIPD12BHシリーズ。
ピントがズレているのはいつものことだが、今回ばかりはiPad miniを見送って目がかすんでいたのかも。

これまではray-outのオープンタイプ・レザージャケットRT-PA3LC2シリーズを使っていたが、柔らかいゴムなのか樹脂の部分が潰れて剥げ落ちてきている。
なかなかに見窄らしい。
ほとんど家の中で使うので問題ないが、気分転換にケースを買い替えてみた。

第3世代iPadは、ディスプレイ正面から見ると、背面のアルミがベゼルのようになって前面にも見える。
せめてケースを装着するなら、コレを覆うものにしないと、iPhoneの3Gや3GSでもそうだったが、傷が付き易く使用感としては最もよく目立ってしまう。
従来のケースはギリギリで完全に覆いきれていなかったものの実用レベルだと思って使ってきたが、今回のケースはコレを完全に覆っている。

ケース装着後は、ボタン類の操作は十分なものの、マイクのところの開口がギリギリ微妙なのと純正30pinコネクタがギリギリ使え、端部のエッジ処理は甘いところが多く、カラーはブラックの方がよかったかなと思っている。

2012年11月1日

Windows Phone 8とSurfaceについて

久しぶりにWindows Phoneについてのメモ。
マイクロソフト、「Windows Phone 8」を正式投入--さらなる詳細を明らかに CNET
国内キャリア各社のWindows Phone最新動向 ASCII
Windows Phone 8については、現状、国内のどのキャリアも扱わない。
IS12Tの1年の販売状況を踏まえてみて、相当なまでに売れなかったんだろう。

世界的に見ても、Nokiaの四半期のWindows Phoneの販売台数は、例えばiPhone新発売の1週間の販売台数にも満たないとか、恐ろしい状況だが、これがWindows Phone 8になったからといって好転するとも思えない。
どうやらどころかMicrosoftというかWindowsブランドって、コンシューマーへ影響力が無いんだな。
また、例えばNokiaが価格を下げまくってもWindows Phoneの販売に勢いがつかない、というのは致命的なような気もする。
スマホ市場は完全にiPhoneとAndroidの2強だなと思う次第。

日本ではWindows Phone 7.5のIS12Tをauが取り扱っているだけで、とりあえずまだ販売されているが、今後はいわゆる型落ちになるような機種をいつまで販売するのかどうか。
IS12TのOSは7.5だが、このバージョンのOSは8にバージョンアップできない仕様になっていて、インターフェイスだけ8に見える7.8にはとりあえずバージョンアップできる。
発売から1年程で早くもOSのメジャーバージョンアップに見放されたIS12T。


Windows 8レボリューション:第6回 Windows RT搭載タブレット「Surface」ファースト・インプレッション @IT
どのレビューを見ても技適マークがあるのか書いていないが、まあ無いんだろう。

iPad miniは使ってみたいが、見送ると決めている。
とはいっても、自身は第3世代iPadを使っているので、iPad miniも使ってみて、どちらが自身にしっくりくるか確かめたいとは思う。
しかし、まあ、自身の使用なら外出時はiPhoneで足り、家でゲームとウェブとコミックならiPadなんだが、ゲームとウェブはiPad miniでいいとしても、コミックでiPad miniはぎりぎりキツいかなと考えている。
iPadでコミックを見るときは、単ページを繰っていく。
見開き表示だと単ページそれぞれが小さくなるので、まず見開きではコミックを見ないし、見開きでスキャンしたものでも単ページ表示で繰っていく。

iPad miniの発表後は以下のように、米国では競合の7インチクラスのタブレットが売れまくっているよう。
アマゾン:「Kindle Fire HDの売れ行き、iPad mini発表翌日に大幅増加」 WirelessWire News
Nexus7売上絶好調!毎月100万台を販売 ガジェット速報
自身はNexus 7はとてもじゃないが売れないだろうと思っていたが、低価格の訴求力は強烈だ。
しかし、いずれもタブレットというハードでの利益を考えていないメーカーの製品が売れるというのは、いやはやシビアだなと思う。
このまま台数が捌けるとなると、Appleが例え早々にiPad miniの第2世代を発売して初代iPad miniを低価格化したとしても、タブレットの台数シェアは近いうちにも逆転されそう。

要するにiPad miniの発売により7インチクラスがタブレットの主流となるなら、Windows関連のタブレットはサイズ面で更に市場動向からズレていくのかなと。