ページ

2012年9月12日

SonyのBluetoothヘッドセットDR-BT101のイヤーパッド交換

Sonyのオーバーヘッド型のBluetoothヘッドセットDR-BT101のイヤーパッドを、オーディオテクニカのHP-SJ55 BKに交換した。
真ん中に2枚重なっているのが、最初から装着されていた純正イヤーパッド。
あちこちに穴が開いているが、この画像からは分からないわな。
DR-BT101を購入した時のはココ
HP-SJ55 BKは標準タイプのイヤーパッドとは形状からして異なるが、交換前は頭を前後に動かす程度でもズレてしまうぐらいユルい装着感で、交換後の方が断然装着感がしっかりしている。
DR-BT101は既に販売終了しているし、バッテリーもヘタってきているので今更イヤーパッドを交換しても、とは思ったがイヤーパッドを交換することが初めてなもので、モノは試しということでやってみた。

イヤーパッド自体は、専門店とか余程品揃えが凄い量販でしか現物を手にとることはできず、ほとんどのリアル店舗では取り寄せとなるはず。
だもんで、イヤーパッドの交換に不慣れなら、オンラインで購入しようとするとサイズ感で納得するのはなかなか難しいと思う。
自身は、リアル店舗に足を運んで、実物とサイズを見比べながら購入した。
まず驚いたのが、イヤーパッドの価格で、これは1500円だった。
この形状では、その場で売っていた中でこれが一番安くさらに高いので2400円があった。

インナーイヤーのヘッドフォンのイヤーピースならまだしも、DR-BT101のようなヘッドフォンのイヤーパッドの交換需要というのは少ないようで、しかも単価が高く小売りでは在庫をしないのかできないのか。

ということで、イヤーパッドを交換できるという点から、ヘッドフォン購入後にイヤーパッドを交換できることを前提にした購入前の装着感の確認にも考えがおよび、また、実際に使用してみて無理なく使えるなら長い期間の使用を前提にして交換用イヤーパッドを前のめりで揃えておく、など色々と考えてしまった。

0 件のコメント: