ページ

2012年9月22日

iPhone 5を使ってみて

iPhone 5を少し使ってみた感想をメモする。

iPhoneが縦長になって、片手での画面操作がし難くなったと感じる。
親指を上や下へ動かす際、やはりiPhone本体はホームボタンがある下方を重心として保持するので、画面下方へ親指を伸ばす操作は問題ないものの、画面上部へ親指を持っていこうとすると本体が縦長という形状のバランスが悪いのか自身が不慣れなのか、親指を上方へ持っていこうとするのが少し無理からな動作になり、親指を伸ばすために本体の保持している指を緩めるような形になる。

要するに、大袈裟にいえば、片手でiPhoneを操作中に落としてしまうんでは、と思ってしまう。
ケースを装着すればさらに指が届きにくくなるんだろうが、一方で指の引っかかりやストラップなどでiPhoneの保持はしやすくなったりもするんだろうとも思う。
自身は今iPhone 5を裸で使っているが、ケースありにしようかと思い始めている。

いずれにしても、こうなると、iPhoneは片手操作に最適云々とはいえないと思う次第。
iPhoneでこれなら、4インチ以上が多いAndroidスマホは片手操作なんてとても無理だが、しかし、そのAndroidスマホのシェアが多いことからも、スマホにとって片手操作はユーザーへの訴求点にならなかった、のかどうかとも思う。
そしてAppleも画面の4インチ化で、ある意味でスマホの片手操作のニーズを切り捨てた、と大袈裟に考えてみる。


この他、iPhoneの背面がガラスからアルミにかわって、iPadやiPodのように刻印サービスがあるのかと思ったがないよう。
また、iPhoneのブラックのエッジ部分はアルマイト処理が簡単に落ちてしまっている件は、Appleらしくないミスだなと思う。
AppleはブラックiPhoneのフィールドテストをしなかったのかなと思ってしまう。
ということで、次モデルではデザインに改良が反映されるんだろうが、極端にいえば、iPhone 3GSのようなアールな形状になってほしいと願う。
iPhone 3GSは重かったが、とても手に馴染む形状だった。

iPhone 4Sのケースはコレだったが、iPhone 5でもケースありなら同様にギルドデザインのSolid bumper for iPhone5かなとも思う。
これまでのiPhoneの経緯からして、2年間は同じ形状のデザインだと考えれば、ケースも最初からちょっと奮発したものをガツンと購入した方がいいのかなとも思う。

また、本体デザインが変更しても、iPhone、iPadなどにも使い回しがきくのが、イヤホンジャックのカバーだろう。
とりあえずコレはイヤホンジャックのカバーだけiPhone 5でも使えている。

Bluetooth対応機器は、ヘッドセットでSonyのDR-BT101、ヘッドフォンでSennheiserのPX 360 BT、ステレオレシーバーでオーディオテクニカのAT-PHA05BTがいずれも問題なくペアリングでき、使えた。
そういえばSiriでもBluetoothヘッドフォンは使えるのはもちろんだが、Siriで、ミュージック、に続いてアーティスト名や曲名、アルバム名を聞き取らせれば、曲の再生を始めるので、かなり手っ取り早い。
Bluetoothのペアリングが終われば、iPhoneのホームボタン長押しでSiriを立ち上げて、例えば「ミュージック 原田知世」で曲が再生される。


iPhone 5はSoftBankだが、自宅がLTE圏内だとiPhone 5で初めて知った。
それにしても7GBだとか1.2GBだとか、はっきりしてほしいもんだ。

0 件のコメント: