ページ

2012年9月21日

iPhone 5購入

iPhone 5、ホワイト、16GB、SoftBankを池袋のビックカメラで購入した。
本体料金一括払いでポイント5%がつく。
iPhone 5は、薄くて、何より軽い。
感覚的に感じる軽さも、何と言うかしっかりした軽さだなと思う次第。
自身にとって初めてのホワイトだが、ディスプレイは外周が細く黒い余白的なスペースがあるんだというのは、ブラックばかりを使ってきたので気付かなかった。
ホワイトは本体単体で成り立ってしまうようなデザインだと感じていて、ケース装着に迷いつつ、今回は保護フィルムも使わず裸で使ってみることにした。
既に不具合報告もされているが、今のところ自身のiPhone 5で目に付く不具合はない。


AppleがiPhoneの下取りをやっているので、ものは試しということでiPhone 4、32GB、SoftBankを下取りに出した。
iPhone 4Sからの機種変更でも、iPhone 4を下取りに出せるというのでiPhone 4を選択。
しかし、この査定条件が厳しいらしく、Appleの適用条件を満たない場合は換金されずiPhoneは返却されない、となっている。
つまり、Appleの条件はどんな条件か知らないがこれを満たせば設定金額が支払われるものの、減額方式の査定ではないので例えば最大12000円だが6000円の査定になりましたということはなく、条件が満たせないと換金されずiPhoneも返却されないという、何だかギャンブルをやっているような感覚だ。
だからなのか、量販のスタッフの人にも、お勧めはしないので量販の買い取りサービスを利用した方がいいと何度も説得されたが、物珍しさから、いやお願いしますと言って下取りに出した。
査定に要する期間は不明で、とりあえず電話で連絡がくるとのこと。
このAppleの下取りに出す場合、iPhoneの本体のみを引き渡せばいいが、その際にIMEI番号が必要になる。
IMEI番号は、iPhone 5は本体の背面に彫ってあるが、iPhone 4とiPhone 4Sは本体に彫ってないようなので、OSを初期化してSIMを抜いていると再びSIMを入れて確認しないといけないので、最初にメモっておく方がいい。

0 件のコメント: