ページ

2012年9月15日

iPhone 5を予約してきた

iPhone 5の予約は、SoftBank、16GBのホワイト。
池袋の量販店に、昨日の15時15分頃に着くと、SoftBankのみの列には既に15人程が並んでいて、その後ぼちぼち数が増えて、おそらくiPhone 4Sの時と比べても並ぶ人が多いと思った。
auの列は見ていない。

予約した時点でデータ通信の料金など不明な点が多過ぎて、何だかなあー、と思っていたが、発表された料金も安くはないなと思う。
やはり発売すぐより、発売後少し時間が経ってからの方が新しいキャンペーンなどがあって割安で入手できるのはいつものことだなと。


auではなく、SoftBankを選んだ。
Windows Phone IS12Tを使っているので既にauのユーザーということもあるんだが、スマートフォンの電波という範疇では、自身の経験においてauとSoftBankに差がないので、iPhoneに関してはauへ乗り換えるまでには至らなかった。
何より自身がデザリングを以前より必要としなくなってきているというのが理由かも。

そうはいっても、デザリングが使えるauの方がSoftBankよりイイのは火を見るよりも明らかだと思っている。
ただ、一般的にはデザリングは相当マニアックな機能なので、ガジェオタ以外には単に目先の価格が安い方がインパクトが大きいのかもしれないし、デザリングが販売にどれ程影響するのかは気になるところ。

世界的にはデザリング機能のないiPhoneは日本くらいだったんだろう。
で、従量制料金や種々の規制などを前提にしているからか、デザリングでデータ通信のトラフィックに影響が出て何らかのニュースになったというのは聞かないと思うんだが、それでもデザリング機能をオンにできないSoftBankのインフラって、とも思う。


iPhone 5は薄く軽くなっているが、その分デスグリップも気になるし、裸で使えるのかどうか。
純正のケースもないし、Apple的には同じようなデザインでリベンジをしているのかも。
また、iPod touchのストラップありの筐体デザインは、ユーザーの志向を試しているような感じもして、このデザインがそのままiPhoneのケースになってもいいとは思うが、ストラップか。
iPod nanoの腕時計化という派生はなかなか面白かったが、次はストラップなのか。

0 件のコメント: