ページ

2012年9月13日

iPhone 5などの発表について

自身の考えていたiPhone 5とは違ったが、画面サイズの変更やDockコネクタの変更といった思い切ったことをしつつも、本体デザインはiPhone 4Sと似ていて、何と言うかトータルでは王道なテコ入れが行われたiPhoneというのが第一感。
しかし、情報がリークしまくっていた点は、Appleが最早情報の漏洩防止にコストを費やさなくなったのか、それとも画面サイズやDockの変更など大きく状況が変化するのでAppleがあえて情報リークし大きな反発が出ないように仕向けたのか、とか考えてみる。

画面サイズに関して自身が以前メモったのがコレで、ことごとく的を外している。
要するに、良く売れている製品における新製品発表時の悩みどころは、既存資産の継承や、競合製品の特長を取り入れて追いすがる製品との差をなくすなどがあると思う。
iPhoneは、iPhone 4とiPhone 4Sで爆発的に売れたんだろうから、この良く売れているiPhoneと似たデザインにしつつ、競合製品の主流の動向の1つである画面サイズの4インチ化を行った。
まあ、技術革新云々というより、巷の良く売れている製品の新製品と同じような、王道な流れ作業的に設計されたiPhoneだなと思う次第。

だから何だかんだという話ではなく、Appleにとって、今のiPhoneはそういう段階の商品に位置づけているということを察することができるんではないかと。


自身にとってはWifiの802.11nが5GHzにも対応しているのが嬉しいところ。
他、今回購入できるなら、何となく、ホワイト&シルバーかなと思っていて、どうもブラック&スレートは背面の色と見た目がちょっとしっくりこない。
デザイン的にしっくりこないというと、iPod nanoで、Bluetooth対応は歓迎だが、あのOSデザインはAppleのコピー品的な匂いのするデザインだと思ってしまうが、どうなんだろう。

あとは、auのiPhoneがデザリング対応だというが、デザリングへの取り組みがかなり濃いauらしい話だなとは思う。
後発のauにとってマニアックなiPhoneユーザーが少ないイメージもあるし、これまでのデザリングを利用している実際のデータも根拠になっているんだろうけど、それでも通信網は大丈夫かなと思ってしまう。
競合の動向に都合良く対抗しているソフトバンクがどう出るのか気になるところ。

0 件のコメント: