ページ

2012年9月29日

iPhone 5ケース BUILT Phone Envelope

iPhone 5のケースBUILT Phone Envelopeを購入した。
今はiPhone 5を保護フィルム無しの素っ裸で使っているが、カバンの中などに入れるときは困るので、それらしいモノを見繕ってみた。

ケースの入り口は、iPhone 5の長さと同じ開口サイズ。
ケースはクビレがある形状で、ケースの出入口はクビレ箇所よりも広いのでiPhoneを入れるときはスッと入るが、ケースから出すときは両手が必要で、iPhoneを入れてフラップを閉めないで逆さにしてもiPhoneは落ちない。
ケースの素材は伸びるので、iPhoneに何らかのケースを装着していても、余程分厚いものでなければ、とりあえずこのケースには入ると思う。

ケース内側は、カーペットでいう緞通のような触り心地の短い起毛の素材。
そのため、シリコン系のケースをiPhoneに装着していると毛がケースに付着しまくるだろうし、ケースへの出し入れがスムーズにできないと思うので、iPhoneにケースを装着して使うならポリカーボネートやTPUといった素材のケースの方がいいはず。

iPhoneの前面や背面に保護フィルムを貼っていないので、このケースへ出し入れを繰り返すことで保護フィルムが剥がれる可能性があるのかどうかは不明。

ポケットは計2つあり、フロント側の小さい収納にはカードやイヤホンなどが入る。


インナーケースとしての性能は十分だが、アルミケースのような落下の衝撃とかへの耐性は期待しない方がいいと思う。
また、フラップありなのでiPhoneの素早い出し入れはできない。
iPhone 4Sなら、ちょっと分厚いバンパーケースを装着したままでも、このケースには入るはず。
Solid bumper for iPhone5を装着しても押し込めばこのケースには入るんだろうが、それならこのケースは使わないと思う。
何となくツブしがききそうなケースかなとも思いつつ選んだので、長い目で見ればiPhoneのケースとして使うより活用の場は多いとは考えている。

0 件のコメント: