ページ

2012年7月8日

koboを触ってきた

東京駅すぐの丸善の1階で、お姉さんがkoboを手持ちし、スタンディングで声出してた。
とりあえずkoboを触ってみた感想をつらつらと。

端末は、薄く、スッキリしたデザイン、というのが第一感。
サイズと薄さの割には、軽さはほどほどか。
形状は、初代iPadと似ているので、初代iPadが単純に小さくなり前面が樹脂で背面がゴム系素材になっていると思えばいい。
端末の背面は、マットなサラサラ質感のゴム系素材で、ブルーだったかシルバーだったかは相当に汚れが付着していたものの、背面のデザインはちょっとしたブランドものをイメージさせる感じでSonyのReaderの野暮ったさとは違う印象だ。
Rakutenロゴが目立たないのはいいが、ちょっとな。

タッチ操作の印象は、電子ペーパーのタッチディスプレイなりにモッサリ。
そもそも電子ペーパーのタッチディスプレイ全般はモッサリしているが、コレも期待を裏切ってくれることはなく、ディスプレイの当該個所を押して一瞬のタメがあり、さらに白黒の反転があるという具合。
SonyのReaderは赤外線方式らしいが、koboのディスプレイにおけるタッチの認識方法は何なのか知らないが、タッチ感度は良くないと感じた。
発売後に解剖報告があるのかどうか。

電子書籍の価格は紙の本より一割程安いらしく、自炊モノはpdf、jpgもいけて、予約キャンペーンだと楽天の常連は実質半額で購入出来るとかで端末価格は安いと。
しかしKindleもそうだが、アクセサリー単品の価格がもの凄く高くて、本体価格の半分もする。

肝心なはずの日本語の電子書籍はラインナップが少ないということで、触り終わっての第一感は、Readerとかに加えて、コンテンツも揃ってねえのに端末の種類だけ増えたな、という身も蓋もない印象だ。
電子書籍もこれから増えればいいんだが、Sonyに対応する電子書籍状況をウォッチしていても感じるが、突然数万冊も対応しましたなんてことはないので、楽天でコレならAmazonのKindleでもそう大差ない品揃えだと想像すると、現時点では、日本で電子書籍が充実するのはまだ数年先だなと思ってしまう。

といっても、卵が先か鶏が先かという話だと、電子書籍はデジタルデータでしかないのでクライアント端末は必須であり、まずは端末が出てこそ市場も盛り上がるとは思う次第。
ただkoboでもそうだが、Kindleのようにスマホやタブレットなどにもアプリ対応するとのことで、電子ペーパーディスプレイ端末はこの価格の安さでどこまで普及させることができるのかは注目したいところ。
米国では、タブレットが広く普及する前に電子ペーパーディスプレイ端末も普及したので、日本ではタブレットがとりあえず普及しかけているところに電子ペーパーディスプレイ端末という専用端末が発売されているという状況。
Kindleも含めて、これで電子ペーパーディスプレイ端末が普及しないとなると、スマホやタブレットで十分だということなんだろうが、平行して電子書籍がどれだけ売れているのかは一番重要なことのはず。

0 件のコメント: