ページ

2012年7月12日

Amazonがスマホ

アマゾン、独自のスマートフォンを既にテストか--2012年中に生産開始の可能性も CNET Japan
Amazonのスマートフォンを、Kindleシリーズと似たものとして想像してみる。
端末がとにかく安い。
広告の常時表示で端末がとにかく安い。
拘りのないデザインと絞り込んだ機能でとにかく安い。
Amazonのサイトなど一部のサイトしか表示できない制限条件でとにかく安い。
電子書籍やオンラインショッピングのためにデータ通信料金が無料。
などなど、電子書籍とオンラインショッピングのためには、端末はその手段のための機能さえあればよく、通信キャリアのデータ通信料金はオンラインショッピングの垣根を高くする邪魔もの扱い、を見事に体現したモノになってくれると期待したい。
といっても、そのために大きな画面は最低限必要になると思われるので、関連するバッテリーとかのコストもそれなりなんだろうし、どこまで割り切ったモノになるか。

Amazonにとってタブレットなどの端末を自らが手がける理由は、オンラインショッピングなどの手段となりうる端末の早急な普及のために低価格化を促すためであって、これによりオンラインショッピングの利用増を期待している、と考えてみる。

そうすると、今ではスマホの端末の価格は安くなっているし、スマホの普及は右肩上がりだし、Amazonがスマホを出す意味は無いとも思うが、データ通信料金の低価格化を促したいというなら、そうかもとは思うけど。
通信インフラを考えると、データ通信料金の低価格化による早急なトラフィック増は通信キャリアが歓迎しないだろうし、ましてや右肩上がりの市場でデータ通信料金の低価格化を煽られても通信キャリアが損をするだけだ。
電子ペーパーディスプレイ端末とスマホでは普及率が比べものにならないだろうし。

ということで、Amazonがスマホを出してもインパクトがあるものになるのかというと難しそうなので、スマホは出ないんではと考えてみる。

0 件のコメント: