ページ

2012年6月21日

SurfaceとWindows Phone 8

マイクロソフトがタブレットを売る? マジですか。 PC Online
当然天秤にかけたんだろうが、これはMicrosoft自身にとって上策だったのか下策だったのか。
従来路線のOSのみ提供するスタンスだとハッピーになれないので、現在のビジネスパートナーの仕事を奪ってでも実行しなければならなかった、という所謂追いつめられた系の典型的な展開だな。
Microsoftの直営Storeは活用できるんだろうが、これでMicrosoftは何を得て何を失うのか。
喜ぶのはGoogleだろうし、既存のPCやタブレットのメーカーもこれでMicrosoft離れというかWindows離れが起こっても不思議じゃない状況。
Googleは既に、自社製品を推したくても売る力が全くないことが分かっているので、Androidには裏切られることもない、とも考えることはできる。
Appleにとってはどうだろうか。

また、これによってPCやタブレットのメーカーがWindowsから離脱すると、エレクトロニクス産業を構成する、ハードやソフトウェアの製造面に関わるところが大きく縮小し再編統合も一層進みそうな気もするけど、考え過ぎか。
これが売れればイイんだろうが、それだけじゃないし。

他、今回の発表で実際のモノを触ることができなかったらしいので、こんな状況でiPadに対抗できる製品なのかなとも感じる。
さらにパッと見だと、iPadをアイデアの源泉にして差異をつけたような印象があり、ユーザーの使い勝手とかを志向したような製品には見えないというのが第一感。

Windows Phone 7の時から実現してろよ、ってな項目ばかり。
Windows 8との親和性にしても、利便性やコストを考えたら最初のコンセプトからそうなっていて当たり前なような。
発売2年目で下位互換性がないOSというのも、割り切っているとも言えるが、事情から推察するにこれはコンセプトが甘かったというか、事業の横連携ができていなかっただけのようだし。
ただ、この2年でインターフェイスだけは進化したよう。

0 件のコメント: