ページ

2012年6月27日

Kindleが日本に上陸する

ついに上陸する「Kindle」--米ではFireが失速するもReaderは健在 CNET Japan
Amazonにとって最重要なことは、Kindleシリーズの端末を必死こいて売ることではなくて、オンラインショッピングを伸ばすこと。
それを最もよく表しているのが、他のOSへのKindleアプリ対応状況だろう。
ということで、Kindleシリーズの出荷台数を公表しないのも、端末の台数を公表してまで他社と競うようなことではないという意思表示と考えても大袈裟ではないはず。
今回の日本上陸で、日本の書籍等のコンテンツをどれだけ電子化へ引っ張れるのか、ここが一番注目だとは思う。

Kindleシリーズの販売は、Amazonにとって最重要ではなくとも、ソコソコ重要になってしまっていることは確かなはず。
何より既に相当なシェアを占めるまでに売れてしまっているので、最早周りが無視できなくなっているし、わかりやすく端末の販売状況で好不調を測られてしまうという、Amazonにとってはチョット苦笑いな状況なんだろう。

しかしKindle Fireについては、あのハッスルな設備投資からも、タブレット端末がオンラインショッピングに影響する可能性の大きさをAmazonがかなり見積もっていると思えるので、最近の減速傾向はマジて悔しがっているだろうなとは思ってみる。

Kindle Fireが日本で販売されるとすると、ブランドとしての認知度はあるんだろうが、品質面にうるさいといわれている日本人へ、安かろう悪かろうがどこまで受け入れられるのかは気になるところ。
あとは、ソフトバンクがKindle FireをiPadの競合と認知してくれれば、今まで以上のキャンペーン攻勢が期待できそうなので、さらにiPadが安く手に入るようになるのかもと期待はする。


他、気になること。
Kobo、日本で電子書籍を販売へ ITmedia

マイクロソフトのタブレット『Surface』のプレゼンテーションでフリーズ! もはや伝統芸 ガジェット通信
微笑ましいといえば、コレ。

0 件のコメント: