ページ

2012年6月2日

SamsungはAppleからOEM供給を受けていた

2万円台のGoogle独自OS搭載初のデスクトップPC「Chromebox」が新発売、起動時間はわずか7秒 Gigazine
ちょっとマヒしてきた感があるが、デザインにおいて、iPodがパクられ、iPhoneがパクられ、iPadがパクられ、MacBook Airがパクられ、Mac miniもパクられんのかよ、と驚いている。

iPhoneのデザインからパッケージまで、そのパクられ度合いは衝撃だったが、MacBook Airに至っては製品コンセプトから荷姿までほぼ全てがパクられているのにも度肝を抜かれたもんだ。

競合する製品のあらゆる構成要素が全くの別物になるかというと無理な話だろうし、逆に、結果論として、競合する製品同士こそ似ているなというのは誰もが見慣れてしまっているとは思う。
ある程度似るのは、まあ仕方ないだろう。


スマホにおいては、Samsungはもはやパクられる側だと思うんだか、Samsungがパクられたモノって何だろか。
スマホのトップシェアなんだろうけど、Samsungがパクられていないなら、スマホ参入メーカーにおいて、iPhoneのコピー品だと思っているからなのかどうか。
パナソニックのように売り方だけが巧いのか。

ということで、実はSamsungは、スマホやタブレットのデザインに関してはAppleからOEM契約を受けていて、諸々の法廷争いは、SamsungがAppleのデザインをそのまま使わず微妙に変更したために起こっている、と妄想してみる程にパクり過ぎなんだよ。

Appleのモノはパクられ過ぎだな。
で、パクられブームがすぎると、パクられ側が凋落していくように思えて何だかアレだ。

0 件のコメント: