ページ

2012年5月27日

iPhoneやiPad以外での新製品

細かい指の動きも感知のモーション入力システム「Leap」--開発コンセプトと普及戦略 CNET Japan
バーチャルキーボードっぽいこういうのとか、Kinectとかを見ているので、それ程驚かなかったが、こういう技術はワクワクするな、と。
タッチパネル操作、音声認識操作、バーチャル操作、ヘッドマウント系などなど、いろんな技術があるが、スマートフォンやタブレットのタッチパネル操作が普及しだしてから一気に未来系な操作が形になりつつあると感じる。
で、どちらかというと、モバイル系用途に晒された方が技術の変化や進化が著しいのではと妄想する。

T・クック氏、世界を変えたAppleで社内を変革 CNET Japan
これって前向きな話には捉えにくいように思うし、ちょっと話が極端な印象。
しかし、Appleが立ち上げたといってもいいタッチパネル操作のスマートフォンとタブレットの市場を成長させる、という意味合いなら分かる話だ。
AppleはiPhoneとiPadという新製品市場投入の賭けに勝ち、その後は他社の追随により市場も膨らんでいる最中なので、Apple自らが作った市場をすぐさま再発明するのもアレだし現状は徹底したコスト削減で云々という分かり易い話なんだろう。
iPodのような製品展開の流れを想像してしまうが、そうなるとiPhoneやiPadは今後数年、新製品への過度の期待は難しいのかも。
ということでiPhoneやiPad以外での新しい試みを期待したい、と考えてみる。

0 件のコメント: