ページ

2012年4月28日

Kindle Fireとか再び驚いたこと

iPadでプレイしていたDead Spaceで、クリア2時間未満が条件のSpeed Runをようやっとアンロックした。
ある時、難易度Easyで2時間2分台が出たので気付いた訳だが、要するに難易度が低い程敵は弱いので早くクリアできる、と。
そうはいっても2時間を切った今回は、Power Nordで開ける部屋は全て無視して、スーツ購入は1回だけなど、もの凄く急いだんだが時間としてはギリギリだった。
とにかく、マジで、ホントに嬉しい。


再び驚いたことを。
Kindle Fire、ついに米国Androidタブレットの過半数に(comScore調べ) TechCrunch Japan
スゲぇな、この勢いというかスピード感。
よくこれだけ供給できたなというのは素直に驚くが、良くも悪くも端末メーカーにとって相当な影響があるはず。
iPadに関してもAppleには相当なプレッシャーのはずで、Appleのタブレットに関する次の手はちょっとどころか注目したいところ。

ドコモ決算、8期ぶりの増収増益--iPhoneの導入は「現状だと厳しい」 CNET Japan
何に驚いたかというと、これまでiPhoneを語る態度としては微妙な発言を繰り返していたのに、今回あっさりiPhoneを否定しているという点。
要するに、交渉が完全に決裂したとかだろうと思うが、ようやく業績も回復して、吹っ切れたように安売りで戦いはじめて、やっと方針的に分かり易くなった。
ドコモは、スマートフォンにおける脆弱なインフラ、少ないWifiスポット、Xiのエリアの狭さなどモバイルの事業スピードが一番遅いので、これからの安売りはアラを隠すのに最適だろうと。
ドコモが安売りをしているので、今後は一呼吸おいて、Androidスマホの中古価格も下がりはじめるはず。
他の通信キャリアもドコモの安売りは想定内だろうし、肝心なのはドコモがコレで結果を残せるかどうか。

これは驚いたこととは関係ないが。
これをみて思い出したのが、漫画のヨルムンガンド、これももう完結。
量子コンピュータか。

0 件のコメント: