ページ

2011年12月29日

格安3Gに参入続く、など

2011年のタブレット端末を冷静に振り返る (1/2) ITmedia
昨年にスマートフォンがクルと思っていたが実際は今年こそスマートフォンの年と言えるだろうし、今年にタブレットがクルと思っていたがiPad以外は腰砕けという状況なので、自身の見立てはハズレまくっているなと。
スマホがブレイクした契機がiPhoneなら、タブレットがキャリアを跨いで扱われるというのも珍しいことだろうしiPadもauが扱えばそれなりに普及するとは思う。


Microsoftのスピード感の無さは誰の目にも明らか。


既に日本通信やSo-netだけでなく、NTTぷららやDTIも参入していた。


Samsung、Galaxy SとGalaxy TabのICSアップグレードを再検討 juggly.cn
実際、要望に応えきれるのかどうか。

通信キャリアの協力を得られないMicrosoftが必死だなと思ってみる。
IS12Tのキャンペーンにしてもそうだが、auがほぼ放置しているのに、Microsoftだけが必死すぎて温度差がスゴイなと。
日本法人のポイントにしたいのかもしれないが、売り子である通信キャリアを動かせないと。

アサヒ飲料、Wi-Fi搭載の自販機を展開へ、半径50mに無料の公衆無線LAN INTERNET Watch
自販機メーカーにとってどれだけプラスになるのか。
これは都市部以外で普及して欲しいとは思う。


2011年に一番売れたデジタル一眼カメラは? ミラーレス一眼は三つ巴の混戦に BCNランキング

0 件のコメント: