ページ

2011年11月14日

Samsungの立ち位置、など

サムスン包囲網 Tech-On!
中国の話。

フィーチャーフォン関係もそうだが、おサイフケータイも、標準規格という話になると途端に最初から仕切り直しになるというのは何とも言えずモヤモヤする話だ。

iCloud以降、各スマートフォンメーカー個別のクラウドサービスは標準装備が当然のようになるのか。
とりあえずユーザーを囲い込んでおきたいのか。


米国のトイざラスが幼児向けAndroidタブレット「Nabi Tablet」を12月に発売 juggly.cn
Androidらしい採用のされ方を感じる。
ディスプレイが抵抗感圧式だとスタイラスが必要だったりするものの、スタイラスは細く尖っているので子供の事故につながるかもとも思える。
一方で静電容量式は指タッチでいいが、ちょっと衛生面も気になる。
幼児向けにこんなスペックがいるのか疑問だがAndroidアプリが使えるということで、ある程度のスペックがいるんだろう。
やっぱり価格が親泣かせで、これなら普通に汎用タブレットが買えてしまう。



大型テレビのスクリーンが、オンラインビデオを視聴するための主役の座をPCから奪おうとしている ITmedia

1ユーザーからすれば、ベータ版程度の出来の商品に金を払いたくないのは当然といえば当然で、ベータ版を恥ずかしげもなくリリースするのはGoogleはもちろんIT関係の変な常識のはず。
しかし、Google TVに関してはベータ版云々は些末な話だろうし、本筋はテレビ関係者をGoogleが十分説得できなかったからだろうと。
それにしてもLogitechが進んで恥を公開するのは、明らかにGoogleを批判して売れない言い訳を叫びたいのか、在庫をゼロにしたいのか、とか思ってしまう。
ここまで言うからには、Sonyをはじめ他のメーカーも全く売れていないんだろうから、Logitechとしては早くとりあえず早く売り抜けたいんだろう。

0 件のコメント: