ページ

2011年11月18日

Kindle Fireも分解、など

米Amazonのタブレット「Kindle Fire」、発売1日でroot権限奪取 マイナビニュース
iFixitの分解レポートによるとバッテリー容量4400mAhなど各種スペックとともに、改めてだが製造原価は200ドル前後とのこと。

サムスン、独市場向けに「Galaxy Tab 10.1N」発表 - デザイン変更で仕切り直し WirelessWire News

公式iOSアプリとしてはAppleのApp Store承認待ちとのこと。
Reederアプリでは標準搭載されたり、ブックマークレットも提供されたりしていた。

AndroidかPCで閲覧できるとのこと。
日本ではまだ7、8割がフィーチャーフォンなんだから、フィーチャーフォン向けという選択肢があってもイイとは思うが。

レビューをみると、それほど高速には見えないがKindleよりは速いよう。




つい最近のガートナーのモバイルフォン世界シェアのリポートでもあったが、今年に入ってからのフィーチャーフォンとスマートフォンの四半期出荷台数は前期比で減り続けている。

昨日オープンのGoogle Musicが残念なこれだけの理由 ギズモード・ジャパン
Googleにとって、Google Musicもまた広告を集めるための手段なんだろうか。
ミュージックプレイヤーはAppleやSonyが寡占しているだろうし、携帯電話ならNokiaなのか知らないが、スマートフォンならAppleだろう。
PCやAndroidスマホなどでどれだけGoogle Musicが利用されるようになるのか。




Windows Phone IS12T アップデート情報 au
内容は不具合の改善で、「スリープモードから復帰する際、画面表示が黒画面のままとなり、表示しない場合があります。※ 事象が発生した場合、電源キーの長押し又は電池脱着で復旧します。」とのこと。
さっそくアップデートを適用したが、すぐには効果も分からないので本当に不具合が改善していて欲しいとは思っている。
1年前から発売されているWindows Phone 7端末はどうだったのか知らないが、IS12Tは今年の8月25日発売以降auから3度目の不具合改善アップデートがあるという状況からして、ハズレ端末の部類に入るんだろうと思うが、とりあえず効果はよく分からないものの対応が早そうだとも思う次第。
Windows Phoneの次モデル次第だが、実売状況からすると1年で生産終了なのは確実で各種サポートも早々に終了するんだろうから、不具合改善など対応できるアップデートは早めに対応してくれるに超したことはない。
iOS 5は早々にアップデートがあったが、Windows Phone 7.5には大きな不具合はないのかどうか。
IS12Tの不具合に関しては端末固有のようだが。

とりあえずWindows Phone IS12TのIE9で使えた。

日本にではない。


追記 11/18
そういえばKindle touchには技適マークがある、とのこと。
以前に技適マークがないと予想していたが、完全にハズレた。

1 件のコメント:

yutakarlson さんのコメント...

キンドルの製造コストは実際の販売価格を上回って売れば売るほど赤字だけど...―【私の論評】水道の蛇口戦略は、ボージョレヌーボーやキッズプレトーととは違う!!
http://yutakarlson.blogspot.com/2011/11/blog-post_17.html
こんにちは。米アマゾンは、キンドルを製造原価を下回る販売価格で販売していて、現状では無料で数百円の品物を顧客に配布するのと同じようなことをしています。一方日本でも、ボージョレヌーボーをペットボトルで500円、ハーフなら390円で販売したり、ガストでは、キッズプレートを39円で販売したりしています。しかし、米アマゾンのやり方は、日本の安売りとは根本的に異なります。これらの違いは、背後にいわゆるビジネスプラットフォームがあるかないかということです。詳細は、是非私のブログを御覧になってください。