ページ

2011年11月5日

iPadアプリ、Gyro13 – スチームヘリ・アーケード、など

Gyro13 – スチームヘリ・アーケード
ラジコンヘリを飛ばす要領でヘリを操り、決められたルートで障害物を避けたりしながらゴールを目指すゲーム。
操作性は快適でかなり微妙な操作もでき、かなりの回数を再チャレンジしてもアプリがクラッシュすることはなかった。
機体操作は、アクセルで浮きハンドルで前後方向へ進むだけなんだが、かなりムズカしい。
この他に、機雷を取り除くエアーショット的な武器もあるが使うと反動があり、しかも3本目の指でのタッチ操作になるので扱いにくい。

たまに脇道もあるがほぼ一本道のルートを進み、ステージを経るたびに通路が狭くなったり動く障害物などが増えてくる。
途中に人を拾っていく。
こいつらの動作は最初こそ愛嬌あるなと思っていたものの、ステージを進むにつれて難易度が上がってくると段々イラッとしてくるようになった。

グラフィックは綺麗。
洞窟的なルートを通っている設定で、その洞窟の壁とかへの当たり判定ダメージも機体部位によって異なっているし、こういう単純っぽいゲームシステムにしては無駄に綺麗かなとも思ったが、操作性も結構緻密だし完成度は高いのかも。
しかし、とにかく各ステージの時限設定と慣性の微妙な動きを捉えて操作するのが大変。
これまでの星を得たステージもほとんど時限設定ギリギリのタイムだし、レベル14以降はちょっとどころか無理かも。


Treasure Defense HD
NormalレベルのEpisode 1をクリアしたら、Hardレベルがアンロックされた。
色味がカラフルな、ちょっと変わったタワーディフェンス系。
要所の宝石を持ち去られたらゲームオーバーになるというシステムで、持ち去り途中の敵を倒せば宝石はその場に置き去りになり、一度持ち去られる度に敵有利になっていき、なかなか難しくタワーのレベルアップも頻繁だし攻撃操作も忙しい。

他、タワー設置場所は一手間かけて開墾して設置場所を広げたり、タワーのパワーアップには2種類あったり、全体魔法的な攻撃手段はステージ毎に3種類選ぶ、などは珍しくもない。
大袈裟にいうとデザイン的に、敵よりタワーとかタワーの動きに凝った変なゲームかなと。


エスプガルーダII 〜覚聖せよ。生まれし第三の輝石〜 HD
縦スクロール弾幕シューティング。
これにはゲームシステムとしてARCADE VERSIONとSMARTPHONE VERSIONの2つあるが、独立してARCADE VERSIONSMARTPHONE VERSIONというアプリにもなっているが、どっちがプレイし易いかなんてプレイしてみないと分からないのでLITE版がある。

iPhone版の時のことは怒首領蜂大復活とゴッチャになっていて、あまり思い出せない。
とりあえず、どちらのゲームシステムもEASYとNORMALの難易度はクリアできたがHARDがクリアできない。


Spoing HD
弓矢を射る時のようにタメをつくって丸い生き物を弾き、ゴールへ運ぶというゲームで全50ステージある。
とりあえず50ステージまではいけた。
各ステージは時限ありなので急がないといけないんだが、妨害されて盛り上がるような要素に欠けるからか、あまりパッとせず単調なプレイ感。


追記 11/19
Gyro13 – スチームヘリ・アーケードで21ステージまで行けた。
無茶苦茶嬉しいが、22はさらに難しかった。

0 件のコメント: