ページ

2011年11月2日

ハートブレイカー

映画、ハートブレイカーを観た。
観るまで気付かなかったが、このロマン・デュリスはドーベルマンの面白キャラだ。
スズメバチじゃなかった。

ヴァネッサ・パラディの演技が素晴らしかった。
最初のオークションのシーンでの、あの微妙な表情でグッと引き寄せられる。
ずっとシリアスな雰囲気が必要で、シリアスならシリアスなほど相手役の笑いが引き立つ。

しかしラストはよく分からなかった。
また、この手の雰囲気づくりに欠かせないダンスだが、大袈裟にいえば日本人としては異民族の儀式を見ているモードになる。
あと、意味不明だったのは、ロマン・デュリスがハードパンチャーだったこと。
日本的には偶然に倒せてしまうような場面だと思うが、ここはマジで倒せてしまうんだなと。
あの割れ腹筋は笑いの伏線だと思っていたが、シリアスへの伏線だった。

エンドロールに入る前にCパートがある。
ここでは、あの二人のその後というのが気がきいてる。

0 件のコメント: