ページ

2011年10月29日

Kindle Keyboard 3G購入

AmazonのKindle Keyboard 3G。
今までさんざん電子書籍端末関係をウォッチしてきて、汎用タブレットであるiPad、iPad 2は手を出したものの、読書専用の電子ペーパーディスプレイなガジェットは使ったことがなかったことから手を出してみた。

米国のAmazon Storeで注文したら、注文日から4日目に米国から届いた。
箱や筐体デザインはとてもAppleには及ばないものの、箱から出してすぐ使えるのにはオオッと思った。

Kindle Keyboard 3Gいわゆるkindle 3は、KindleKindle touchKindle Fireが発表された今となっては一世代前のモデルになる。


・一世代前のモデル

現行世代モデルではない選択のもろもろを以下に。

Kindle Fireは、日本に配送不可ということで技適マークがない、らしい。
とりあえずディスプレイが液晶タッチパネルということでiPadとバッティングし候補外に。
ディスプレイサイズは7インチなので、ある意味別物かもしれないが。

Kindle touchは、日本に配送不可ということで技適マークがない、らしい。
また、3G通信時にWikipediaやAmazon Store以外のサイトが訪問できないだろう、という点が気になる。
一方でE ink電子ペーパーディスプレイはタッチパネルなので、iPadの液晶タッチパネルに慣れている自身にとっては使い易そうにも思う。
タッチパネルは指タッチを感知する方式が赤外線方式らしくSonyのReaderと同じ。
赤外線方式は、赤外線LED照射の拾い方で数種類あるようだが、それによってディスプレイ素材が違っているのかどうか。
E ink電子ペーパーディスプレイは、ネットの報告をみると結構なまでに割れたり壊れているので、タッチパネル素材が壊れにくければ十分な長所になるとは思う。

KindleいわゆるKindle 4は、Kindle 3と同様のタッチパネルではないE ink電子ペーパーディスプレイだが物理キーボードが無くなり、より軽く小さい。
iPadを保持して何かをしていると、軽いに超したことはない、と時折ふと思う。
一方でオーディオ出力機能がないので、例えば文章を読み上げるtext-to-speachがない。


・SonyのReaderでもいい

Kindle 3は、E ink電子ペーパーディスプレイのガジェットを使ってみたかったという気持ちと、上記の各モデルの消極的な部分とを合わせて決めた。
3G通信は、そもそもKindle 3の筐体サイズでiPhoneのようにゴリゴリ使う訳もないので、それほど重要視していないが使えるに超したことはないという乞食根性もある。
しかし何と言うか、物理キーボードの存在感がウザいというか野暮ったい。
Kindle 3が使いにくければSonyのReaderとかも試してみたいとは思う。

ユーザーガイドをチラッと見ただけで書籍は読んでいないし設定項目も漁ってないものの、英語が苦手なのでとりあえず英辞郎だけは購入している。
そもそもE inkの電子ペーパーディスプレイを見慣れている訳でもないので、不具合があっても気付いていないかもしれないが、一見しての外観や動作に気になるところはない。


追記 10/29
Wifiの設定について。
Network NameとPasswordだけを入力しても無理なので、AdvanceからConnection TypeはDHCPでなくStaticを選択し、各アドレスを手入力する必要がある。
そこで、数字はSymキーから入力せずに、Altキーを押しつつキーボード最上段のq、w、e、r、t、y、u、i、o、pの各キーを押すことで数字が入力できるので、この手入力の時にはAltで数字を入力すればアッサリWifi設定ができた。

自身の状況だと以下に。
IP Address 192.168.0.*
Subnet Mask 255.255.255.0
Router 192.168.0.1
DNS 192.168.0.1
*は他のWifi機器とかぶらない任意の数字

WifiルーターがAirMac Expressだと、AirMacユーティリティのインターネット、TCP/IPの項目を参考にする。
このIPアドレスの項目の数字は、MacなどクライアントPC側のアドレスなので、192.168.0.11とか10.0.1.4とかの数字があれば、192.168.0.5とか10.0.1.6など別の数字にする。
他、サブネットマスク、ルーターアドレス、DNSサーバーはそのままの数字をKindleに入力する。

これでWifi接続はできたが、充電して一夜明けたら、なぜかKindleのOSバージョンが3.2.1から3.3へ勝手にバージョンアップしていた。
何すんねん。
せめて端末所有者にバージョンアップ実行の判断をもとめてほしいが、そういう仕様なのか。
詳しく見ていなかったがOSのダウングレードとか、脱獄とか、無理っぽいのかどうか。

追記10/30
スクリーンショット機能ってあるんだな。
えらく昔のだがKindle限定配信で話題になっていたものを何故か思い出したので、とりあえずStephen KingのURを最初の電子書籍としてチョイス。

追記 11/2
やっぱりぼかしたけど、今更です。

追記 10/24
スクリーンショットは、shift(↑) + alt + Gでできる。

0 件のコメント: