ページ

2011年10月26日

今週もiPhoneがブッチぎり、など

2011年Q3の世界タブレット市場で、Androidのシェアは27%(Strategy Analytics調査) juggly.cn
前回もメモったが、視点が足りなかったと反省。
前年比ではAndoroidの成長が目立つが、前期比だとAndoroidのシェアは減。




こんな数字を公言されるとAppleは嬉しくないんだろうとは思うけど、ホントかどうかも含めてハンパねぇ数だ。

ソフトバンクは電波が弱いので主に価格で勝負するしか手はない。




日本語向けにモトヤフォント。


BCNランキングの携帯電話、iPhoneがブッチぎり。
iPhoneの存在感を改めて感じるところ。
これが機種変更やMNPによって純増にどこまで影響するのか。
iPhone 4Sの販売国第2波もあるし供給状況はどうなんだろう。
CDMA版の「○」が気になるものの、とりあえずiPhone 4の時のデスグリップ問題のような致命的な不具合がないようなので無難な滑り出しなのかも。
Windows Phone IS12Tは、前週118位まで発売以来ずっとランクダウンだったが、今週初めて95位にランクアップ。
といっても、この順位での変動は誤差の範疇とも考えられるし、今後の動向次第だろう。


NokiaのWindows Phone発表会、10/26。
MicrosoftがNokiaとの提携にものすごい便宜を図っている状況からも、このNokiaの取り組みがどれだけ重要かも分かる。
それだけに今回のNokiaの発表によって、これまで実売が芳しくないWindows Phoneが盛り返す答えを示せるのかどうか。
スマートフォンにおいてNokia自身の売り上げも下降傾向にある中、米国ではもともと存在感はないのでいいが、認知度のあるこの欧州で実績を築けると思わせる発表になるのか注目したいところ。

せめてNokiaの発表の後にしろよと思うが、欧州で来年にはシェアが倍になる、とのこと。


Appleの3Q'11の業績を見て思うこと ITmedia

0 件のコメント: