ページ

2011年10月14日

iPhone 4S購入

iPhone 4Sの32GBブラックを、iPhone 4からのソフトバンク機種変更で購入した。
本体一括支払いで5%のポイントがつく池袋のビックカメラで。
割引率はたいしたことないが、Apple製品と一緒にiTunesカードも購入するとiTunesカードが10%割引になるというので祭り気分で手を出した。
他、いつものごとく目についたケースとしてBUFFALOのソフトバンパーBSIP11PCTBBKをとりあえず。
ケースには前面と背面の液晶保護フィルムも込みなんだがフィルム貼りが不安なので液晶保護フィルムBUFFALOのBSIP11PFSも調達。

10時台に予約していたが着いたのは11時過ぎで、10分程店内で待ち、30分くらいカウンターで座って待って登録を済ませ、アクティベーションは当方でやりますんでといって持ち帰った。
iPad 2のキャンペーンはiPhone購入時だけしか適用できないからと勧められ、その前にはソフトバンクから2回くらい宣伝メールも届いていたので、契約者数純増へガムシャラだなと思った次第。

メールといえば、iPhone 4S購入後にさっそくソフトバンクモバイルからアンケートがきた。
そこそこな頻度でアンケートが届くんだが、とりあえず律儀に答えていて、これにも答えるつもり。
今回iPhone初販売となるau。
量販ではソフトバンク分はないがau分のiPhoneは残っていると宣伝していたし、ネットのいろんな報告でもかなりソフトバンクが有利だったよう。

で、いろんなネットの報告を見ていたが、驚いたのはau版iPhone 4SのICカードがIS12Tで使え、電話もパケット通信もできるという件。
Twitterの#is12tとか#wp7jpで見ることができる。
パケット定額の範疇かは当然ながら現状では不明とのこと。

auのiPhone 4SはauとしてはmicroSIMカード初対応、しかもロックがかかっている。
IS12Tはロックがかかっていなくて、auのロックがかかっていない端末間においてはICカードを使い回しできる。
auのiPhone 4SとIS12TはICカードに互換性はないが、microSIMカードにSIMゲタを使ったらIS12Tに挿さるので挿したら使えてしまったということのよう。

ということで、これならauのロックがかかっていないAndroidスマホでもiPhone 4SのmicroSIMカードが使えると思うんだが、どうなんだろう。
この逆は、iPhoneにロックがかかっているので出来ない話になる。

今回のことはau版iPhone 4Sのオタなオプションになるのかどうか。
au版iPhone 4Sを契約したらIS12Tは白ロム調達で使えることになる。

自身はIS12Tユーザーなのでこの可能性を考えなかった訳ではないが、iPhoneなんだから縛りがキツく、そんなことは有り得ないと勝手に思い込んでいた。
といっても、自身はiPhoneを通話にも使うメインで運用しているので、通話中に何々ができないとかのau仕様をIS12Tと計2回線も使う気もなく、au版iPhoneの選択肢は無いなと。

0 件のコメント: