ページ

2011年10月30日

日本の電子書籍市場、iBookstoreに期待

「こんなの論外だ!」アマゾンの契約書に激怒する出版社員 国内130社に電子書籍化を迫る BLOGOS
電子書籍を提供する手法の1つホールセールモデルは、米国だとAmazonが採用していたホールセールモデルに対してAppleが大手出版社などへエージェンシーモデルで参入したので、Amazonもエージェンシーモデルへ移行。
Amazonはモデル変更に伴い電子書籍価格を値上げしてまでAppleに追随した経緯がある。

しかし、この電子書籍化の内容は日本の出版社の足下見てる、と思ってしまう。
さらに詳細が知りたいところだが。
噂としてはAmazonが日本で何度となく交渉しているという話だったので、日経のニュースはAmazon側のリークだとはぼんやり思っていたが、沈没する船から逃げ出す人を促すのに日本人へは「皆逃げ出していますから」というのが最適らしいから、リーク自体は珍しいことでもないが日本にはピッタリな話か。

Amazonは今の日本の電子書籍市場がどういう状況なのかもちろん分かっているはずだが、電子書籍が書籍を補いきれない苦戦の真っ只中において、Amazonだけが儲けようなんて話は呑める訳がないだろうことは明らかだとは思うが。

そこで米国の時のようにAppleが颯爽と、少しは出版社寄りのエージェンシーモデルをひっさげてiBookstoreを展開して欲しいところ。
Kindle 3を購入したばっかりだが、iBookstoreにはマジで早く来てほしい。


追記 10/30
最後のところ、モデル云々ではなく、要するにAmazonの提案の下をくぐってAppleが有利な提案をできるだろう、と。

0 件のコメント: