ページ

2011年8月1日

Leatherman Style PS

レザーマン スタイル PSをポチった。
だいぶ前だがシャフトドライブ自転車のコレに乗り始めてからビクトリノックスよりレザーマンの方に傾いている。
ハンディなレンチとかマジなツールは必携しているが、こういう系は気分の意味合いが強くデザイン重視。
自転車は最近ご無沙汰なんだが気分転換に。

これまではsquirt P4を使っていて、最近一番小さいStyleをポチった後、それってブレードついてるよな、と 指摘されて、ブレード? ああナイフか、という何気ない会話を思い出した。
そうだよな。
ということで、ナイフの無いStyle PSを。
ピンセットの取り出し方がわからない。

こういうポケットツール系は売れ筋モデル程ナイフ無しバージョンも揃っているもんだが、Style PSとかStyle CSはわざわざナイフ無しでデザインされているものの1つのよう。

レザーマンのこれらStyleシリーズはネジ部がむき出しで、自身の持つ工具だとJTECH TOOLの6角星型レンチ、T6サイズがいけた。
工作できるとナイフを家の鍵とかに付け替える技もあるようだが、もちろん自身では無理。
フォールディングアクションのために相応の形をしているが、合鍵の専門店だったら出来るのかどうか。

ついでの小型LEDライト、Monarch 200はこの小ささが良いんだが、ボタン電池だ。
これで電池が単4ならエネループなどが使えて便利なんだろうな、と思う次第。

0 件のコメント: