ページ

2011年7月23日

OS X Lionインストール その後

OS X Lion全般について
・3本指で文字をダブルタップすると、辞書機能が小さいウインドウで開く。

・親指と指3本を広げるアクションであるスプレッドでデスクトップを表示する。

・逆に萎めるアクションのピンチでLunchpadになるが、今のところDockとLunchpadの使い分けがイマイチ分からないので放置。

・スクロールしないとスクロールバーは隠され見えない状態になっているが、システム環境設定の一般から変更可能。

・前回最後に開いていたファイルやページをアプリ起動時に復元して表示する機能がウザかったら、システム環境設定、一般の項目にある、アプリケーションを終了して再度開く時にウインドウを復元、のチェックを外す。


Mission Controlについて
・3本指を上にスワイプするジェスチャーで現れるものは、複数デスクトップにアプリを割り当てた状況を俯瞰できるとともにMission Control機能を設定する画面だ。

・右上にカーソルを持っていけば+ボタンが現れるので、これをクリックしてデスクトップ画面を増やしアプリをドラッグして割当を決める。

・これら設定した複数のデスクトップを移動するのが、ジェスチャーだと3本指を左右へスワイプで、キーボードショートカットだとcontrol + 数字になりシステム環境設定のキーボードから変更できる。

自身はこれまで、Spaceは4つのデスクトップを使い分けていたが、OS X Lionの上書きインストールでそのまま使えるようになっていた。
OS X Lionだとシステム環境設定のMission Controlでアプリを割り当てる項目がなく、ジェスチャーで設定画面に辿り着くようになっているのはちょっと強引な気もした。


Safariについて
・ページの本文だけを抽出して表示するリーダーはちょっと強力になっているのか、とりあえずITmedia、ASCII.jp、マイコミジャーナルは複数ページへ潜れて、例えば3分割してある記事もリンクをクリックせずに1つの記事として読めた。

0 件のコメント: