ページ

2011年6月7日

WWDC 2011で思う

iCloudへ舵をきったこと。

なんとなく、枯れた技術へフォーカスして使い易くするというAppleらしいアプローチだなと思う一方、データセンターへの投資などハンパねぇ資金がつぎ込まれていることからも、マジなのが伺い知れる。
クラウドと端末を提供するというのは、製造側ではなく供給側の垂直統合型とでもいうんだろうか、Apple程に中身がともなっているのは他になさそう。

そうなると今後のAppleの収益性が気になるところ。
収益においては、これまで以上に端末への依存が大きくなるんだろうし、iCloudを軸にしたAppleにとって全く新しいデバイスも期待していいんだろうか。
またiPodについては、iOS端末へ誘導するのは当たり前だろうが、今後はどうなっていくのか。
さらにiOS 5では近距離無線決済のNFCについては触れられていないようだが、まだ先の話なのか。


・標準機能の充実

自身にとってはMacのOSであるLionが11インチMacBook Airをカバーしていたので、当たり前だがホッとしつつ、とりあえずメモリ4GBにしといて良かったと思う次第。
インストールは不安だが。
Lionの発売がネット経由のみという点は、Apple IDで非決済な人を経験させるにはもってこいなんだろう。

iOS 5については、標準搭載機能が充実しているので、これを使いこなせるだけでも一仕事かなと思ってしまう。
ちゃんと使うことでサードパーティーアプリの要不要がはっきりしそう。
一方で、これまで以上にバッテリーの消耗、発熱が気になる。


・猛威

3月11日以降は災害比喩をなんとなく使いにくいが、Apple台風が猛威を振るっているなと。
これとかこれなど今更ながらだが、iOS端末が競争力を保ち続けなければ、ということだろう。

iOS 4以前からもそうだが、ユーティリティ系はAppleから肩をたたかれる可能性が高い。
過激なエロや暴力を規制しつつも、Appleとバッティングしないのはゲームとかのコンテンツ系なのかな。

0 件のコメント: