ページ

2011年6月5日

iPhoneアプリ、Particula、など

iOSアプリを3000から減らす為に積みゲーをプレイしているが、気になったゲームを。
古いのも。

iPhoneアプリ、Particula
iPadアプリとしてもOKなので、iPadでプレイした方がいい。
プラスとマイナスは磁力が働くことを意味していて、赤から赤、青から青へフリック操作でボールを飛ばす。
赤や青や黒などは固定だが、グレーのプラスとマイナスだけ動かすことができる。
これを動かすとリスタートになるので、なかなか難しいけど面白い。
ようやくEPISODE3にいけたところ。
3までくれば赤、青、緑と3種類になる


iPhoneアプリ、クレージーコントロール
かなり難しいと思うんだが、難しい質が違うと思わせる。
縦画面の下にバーチャルパッドが青と赤の2つあり、これで青と赤の2機を同時に動して縦スクロールシューティングのような体裁になるゲーム。
敵も青と赤の敵が出てきて同じ色なら体当たりで倒せるが、自機からも飛び道具が射出できるようになる。

同時に2機動かすのが自身にとっては滅茶苦茶難しい。
10〜20秒と続けることができず、自滅してしまう。
両利きだったらとか、訓練次第でとか思うが、完全に人を選ぶゲームなんだと思いたい。
誤解を生むかもしれないが、何かのリハビリをやっている感覚になる。


iPhoneアプリ、Sorcerer of Fortune Free
クリアして新キャラ追加のスクショ。
運の要素が大きいと思う。
同じメーカーのターン制シミュレーションRebirth of Fortuneの方が面白い。


iPhoneアプリ、Skullpogo
ティルトを利用したホッピングゲーム。
操作性は快適だが、どうやったらクリアになるのかよく分からない。


iPhoneアプリ、Pro Zombie Soccer
ディフェンスゲーム。
迫りくるゾンビを、サッカーボールを蹴って撃退する。
弓のように溜めをつくってボールを蹴る。
必殺技が気持ちいい。


iPhoneアプリ、Electro Chuck
かなり繊細なティルト操作のゲーム。
電線に触れるとダメージを負うんだが、その判定具合がかなりシビア。
カーレースでちゃんとコースどりができるような得意な人なら問題なさそう。

ステージで星を全30とり尽くせば、ボーナスステージがプレイできる。
Angry Business Manと違って、ティルト操作でiPhoneを180度回転させても画面は逆さのまま。
ステージ1のForest Jumpは何とかクリアできたが、ステージ2はちょっとどころか厳しい。


iPhoneアプリ、Tower Defense Lost Earth
タワーディフェンスの元祖らしい。
日本のApp Storeで発売されるのか知らないが、まだのよう。
EASYレベルだとテンポよくステージを進んでいけるなと思っていたらB5で足止め。

0 件のコメント: