ページ

2011年5月3日

Windows App Storeはアリなんだ、など

11インチのMacBook Airを膝上で使っていると、温かいというかちょっと熱いかなと感じるこのごろ。
Macアプリ、Reederのベータ版最終になるDraft13がリリースされている。
まだベータだった。


米アマゾンのMP3ストアでは1曲56円で曲が購入できるように ギズモード・ジャパン
日本だとレンタルと微妙に戦える価格ってことか。

自身はiPad 2一択だったので、おぉスゴイなぁ、と読ませてもらいました。



MicrosoftのWindows版App Storeの名称とロゴが明らかに 気になる、記になる…
以前にWindowsでApp Storeはアリなのかで触れたが、今読み返せば思っていることを書き散らかしているので相変わらず読みづらいなぁと思いつつ予想が外れ、どうやらApp Storeはスタートするよう。
Appleと同様のシステムを想像すると、Microsoftの幹部連中が新たな儲けを前によだれを拭っている状況を想像してしまう。
Mac App StoreはiOSアプリと違ってピンポイントで欲しいアプリを探す感じなので状況が不明なんだが、とりあえず価格でわかりやすく二極化していると思っている。
辿る過程はWindows App Storeでもほぼ同じだろうと。
最近はWindows PCにはかなり疎いので、App Storeが始まるとPCメーカーの差別化が一段と難しくなって困るのか、とも思ってしまうがこの状況は古過ぎか。
Windows Phoneを想像すればAndroidのようにアプリストア乱立は許しそうにないんだろう。
生息地としてはアプリというかソフトウェアメーカーが狂喜するのか、さらなる価格競争による低価格化を懸念するのか、など。

「Mac Fan」、ABC公査でデジタル版の販売部数が公査対象誌中最多に マイコミジャーナル
この数字をみると第3種郵便ギリだなとヨギルものがあるが、電子書籍だよなと。
この数字ってどうなんだろうか。

0 件のコメント: