ページ

2011年5月14日

FaceTimeでDockスタンドとSmart Cover

GoogleのメンテナンスでBloggerのサーバが実質5月10日から3日間ダウンし、ブログを投稿できない状態だった。
それはイイんだが、この期間にモノのついでということでiPad 2の風呂蓋を体験させてもらいつつ、iPad 2のためのWifiルータ新設を手伝ってきた。
このSmart Cover(風呂蓋)もiPad 2も自身の物ではない。

Wifiルータの設置は苦戦した。
設置後のFaceTime設定では受信時に不通という不完全なままとなってしまった。
試していなかったiOSのアップデートで改善できればいいんだが。
どちらかというと受信時に接続できない状況を掘り下げたいがよくわからないということもあり、iPadでFaceTimeを使う人にとっての純正Dockスタンドと風呂蓋について。


・FaceTimeにDockと風呂蓋

純正のDockスタンドは、FaceTimeの時、iPadを自らの手で支え続けなくてもいい点が楽で、場所をとらず着信も気付き易い。
風呂蓋単体を使ってみたらとても便利だったんだが、FaceTimeの着信の時には音とともに画面でもそれと分かる着信なので、着信のためには風呂蓋のフリップが着信画面を妨げているのと、フリップを開くアクションが手間になる。
ということで、FaceTimeをそこそこ必要としている状況や、単純にDockスタンドを往復する使い方なら、風呂蓋との併用はちょっと考えてもいいとは思う。

また、iPhone 4やiPod touchもそうだが、FaceTime受信時にスリープ状態でも着信音ありで呼び出せることを今更ながら知った。
Macではどうなのか不明。


追記 5/14
Bloggerのダウンについては、9日の何時からかで11日までの予定だったが13日まで長引いた、の間違い。

iPad 2のFaceTimeの設定は、受信ができたんだが送信ができなかった、の間違い。
無線LANのローカル内だと送受信は問題なかったんだが。

0 件のコメント: