ページ

2011年4月30日

Windows Phoneの微妙な状況

ついにゲームセット: Appleは時価総額, 売上に次いで利益でもMicrosoftを抜き去る TechCrunch JAPAN
Microsoft Reports Record Third-Quarter Results Microsoft
注目していたのはWindows Phone 7についてだが、詳細な数字というのは出てきていないみたい。

Xbox、Kinectがあまりにも好調というのは分かるが、どちらかというと宣伝含めてガンガン能動的に推していたように見えるWindows Phone 7のその後の説明がないというのはどうかと思うが。
ザックリみると発売後半年は過ぎているが、Windows Phone 7に関心ある人からすれば、こういう発表をみると逆に誤差なく販売不振さが伝播しているんじゃないかと思う次第。

調査会社なども、Windows Phone 7のシェアはミクロ過ぎて、など微妙な対応だし。
今後は新製品やNokia参戦などで市場の関心を集めることができるのかどうか。

2011年4月29日

Jobsの一言で済めば、など

東日本大震災後、電子書籍市場では何が起こったか ITmedia
iPad 2発売以降で何か変わるのかどうか。

Google、スマートフォンの利用実態を調査―ユーザーの39%はトイレでも利用 TechCrunch JAPAN
どこかで聞いたような。

「iPhoneの位置情報収集」をめぐり、Appleが公式見解 ITmedia
Jobsの一言で済むこともあれば、公式見解までもつれる場合もある。

EPUB電子書籍への追い風 ITmedia

NECビッグローブの『andronavi』が独自Androidアプリマーケットの運営を断念 ガジェット通信
見切りが早いのはアッパレと言いたい。
これなら他もドングリのってなもんなのか。

横目でみていたiPhoneアプリ、EXEXE Rebirthが無料。

1年かけて編み上げる時計だと。

iPad 2が発売されて

iPad 2が日本でも発売された。
自身は何故かまだ開封していない。

BCNのランキングでは既にiPad 2のアクセサリー類がランクしているが、今後瞬間的にはノートPCランキングでも顔を出せるのかどうか。
米国を訪れている人から聞くと、米国では店舗にいってもその場で購入出来ない結構な供給不足らしいし、日本でも早々に品不足気味になるのか。
1-3月期のiPad台数は決算発表にあったと思うが、AppleからiPad 2が何万台まとまって売れましたってアナウンスがまだのような。

そういえば米国ではAppleが初代iPadを引き取って現物寄付するインフラを用意したようだが、日本でこういうことは難しいんだろうなとは察する。



追記 5/2
動画などで使われているFlashに関して。
iPadだけといわず、Apple製品でFlash排除方針がとられて大分経つ。
Appleが拒絶した一方、サードパーティーなiOSアプリではサーバで一度変換してなどの技術でFlashを包括する動きが自然に起こってきた。
Flashが原因でApple製品の売りが落ちているということはないようで、iPadやiPhoneは結構なまでに売れているしMac製品も同様のよう。

Flashに関する動向は、Flashを排除した側のAppleが優位に進めていると受け取れる。
ビジネス展開の一側面としてシビアにみると、Appleにも相当なリスクがあったはずだが、自社のリソースを有効に使って結果的にかなりの影響力を発揮したのでは、と。

2011年4月28日

iPad 2 Wifi 16GB ブラック購入

iPad 2 Wifi 16GBのブラックを購入した。
ビックカメラの新宿東口で。
ポイントつかない。
iPhone 4のホワイトを含めて、列を作っていたのは6人くらい。

Bluetoothヘッドフォンのこともあり、iPadは質素に。


追記 4/28
初代iPadを手放したい人は、ヨドバシカメラでiPad 2を購入すると25,000円という高値で買い取ってくれるよう。

追記 4/28
とりあえずアクセサリーはradiusのProtect Film for iPad2、ELECOMのiPad 2用ソフトレザーカバーTB-A11MPLFBK

2011年4月27日

Bluetoothヘッドフォンで音が変になるiTunes 解決

これまでツラツラとBluetoothヘッドフォンで音が変になるiTunesという体験談をポストしてきて、続きや、何だか分からないとりあえずの対処まで続いている。

で、ソニーのBluetoothヘッドセットDR-BT101から大分経つが、再びBluetoothヘッドフォン、ゼンハイザーのPX 360 BTに手をだした。
このPX360BTでも同様な状況になるのか試してみたらモロ同じ症状がでた。
Mac 10.6.5もしくは10.6.6、iTunes 10.2だったと思う。

んでアップデートとなるMac 10.6.7、iTunes 10.2.2をかましてみたら、解決した。


最初にPX360BTを試して同じ症状が出たときは、11インチMacBook AirをApple Storeに持ち込もうと思っていた。
まあiPhoneやiPadで問題なかったんだからMac側というかiTunes側の不具合だったと思う。
不具合の原因がわからないんだが当然ながら直った要因も不明という、かなり情けない状況であっけなく着地した。

2011年4月26日

Sennheiser BluetoothヘッドフォンPX 360 BT

ゼンハイザーのBluetoothヘッドフォンPX 360 BTが届いた。
HSPやHFPなプロファイル非対応なので通話機能はなく、単純に無線で音を拾うだけのモバイル向けヘッドフォン。
製品レビューなどでは既出だが、カタログ的な製品説明に出ていない仕様などについて。
画像の真ん中あたりでハウジング側から飛び出ている部分があるが、これは取り出し途中のバッテリー。
取り出せるようになっていて、ヘッドフォンに装着したままや取り出した状態のどちらでも充電できるようになっている。
バッテリーの型番はBA370PX。
充電しながらでもBluetooth機能は有効。

有線での使用も可能。
有線で使用するとBluetooth機能は自動でオフになる。


簡単な操作説明書以外の詳細な取説はCD-ROMになっている。
日本語の取説だけだと3MBのサイズなんだが、このモデルの取説はネットにアップされていなかった。
ということで、自身はMacBook Airを使っているが初めてCD-ROMドライブが必要になった。
まあ想定内だが、こういう頻度が多くなればMacBook Air SuperDriveも再び考えないといけない。

とりあえずゼンハイザーのBluetoothプロトコル対応状況はここ
MacやiPhone 4にはあっさりとペアリングできる。


・経緯

有線のヘッドフォンがちょっと壊れたのをイイ機会と都合良く察し、Bluetoothヘッドフォンが欲しくなる。
確かBluetoothの片耳ヘッドセットも含めれば、今も使っているソニーのオーバーヘッドタイプBluetoothヘッドセットDR-BT101で受信側のBluetooth製品は2台目。
これを踏まえて、自身にとって通話機能は必要ないという反省から、使い易いと思うオーバーヘッドタイプのBluetoothヘッドフォンを物色。
ついでに有線もOKな機能を備えたのを探した。

で、この製品に目を付けた。
初めての密閉タイプということもあり実機が展示してある秋葉原のリアル店舗へ行き試したが、自身にとっては全体的なデザインや質感と重量のバランスが良さげに感じた。
さらに、装着感が強め、ヘッドバンドのロゴがウザいというのが第一感だったが、実際に試したらほぼこれに決定という気持ちになった。
この店のゼンハイザーのBluetoothヘッドフォンのメイン展示は09年発売のPX 200台とかだったので、輸入商売の在庫管理事情などに思いを馳せた次第。

東京の青山にはゼンハイザーのショールームがある。
PX 360 BTがあるのかは知らないが当然あるんだろう。


・そうなんだ

実際に購入したのはAmazonで、そこでネットショッピングという点で気になったこと。
Amazonを利用する頻度が多いのは書籍くらいだが、チラシ広告なんぞは入ってない。
この製品が届いたら、味の素のスキンケア商品のチラシが同封されていた。
ヘッドフォンを欲しい人がスキンケア商品も欲しがるというデータがある訳はないと思うんだが、そう考えると一定金額以上の商品には無差別で同封されているとなると、かなり怪しいことをやっていると思ってしまうんだが、こういうこともやってたんだな。


追記 4/27
ゼンハイザーのサポートへ、PX 360 BTの消耗部品的なイヤーパッドだとかバッテリーについて、期間的にいつくらいまで供給するのか聞いた。
結論は不明とのこと。
しかし現状ゼンハイザーが行っているのは、生産停止だったかのあと5年までは供給しているらしいので、おおよそ5年が目安になるだろうとのこと。
PX 360 BTの生産期間は1年程度らしいので、発売から計6年は供給するかも、と。


追記 4/29
充電のためのUSBケーブルはマイクロB。
ソニーのはmini USB。
これが同じだとケーブル1本で済むんだろうが。
また標準付属の電源アダプタの出力は5V、0.5A。
ソニーのは別売のAC-U501ADが5V、1A。


追記 5/6
Bluetoothヘッドフォンはそもそも試聴が難しいらしいので、これこそ音のレビューをするべきだろう。
とは思うものの、そもそも音を評する程に豊かな耳がないので、ひたすらハード面に絞った話に。

Bluetoothの同期の仕方は非常に使い勝手がイイ。
比較がソニーのになるが、ソニーのは使うたびにMac側から同期端末を選択してやらないといけない。
まあスクリプトだったら一手間なんだが。
ゼンハイザーのは、ヘッドフォン側で電源をオンにすれば自動でMac側が同期してくれるので確認のリターンキーを押すだけ。
しかしヘッドフォン側で電源オン時にMac側でBluetoothをオンにしていないと自動で同期はしてくれないが。


追記 5/6
バッテリー切れの警告について。

ソニーのは、音では警告がなく、LEDが青から青と赤の点滅に変わる発光のみ。
この発光を見逃すと、最後までバッテリーを使い切ってしまうので突然音が聞こえなくなり、バッテリーの使い方的にも悪い。
自身は眼鏡をかけているが、LED発光が前に見えるようにヘッドフォンをかけていると、LEDの発光が眼鏡に映って色の変化も気付き易い。


ゼンハイザーのは、拾っている音を消して警告音が聞こえてきて、LEDの発光が青から赤に変わる。
警告音が聞こえる時にバッテリー残量がどのくらいかは計ってないが、警告音後もしばらくは使えるよう。
リチウムイオンなのでバッテリー切れに気付き易いのは正直嬉しい。

一方でバッテリー持続は、一年以上使っていて、警告を見逃しまくってバッテリーを使い切りまくっているソニーの方がイイと思う。
もともとの持続スペックからしてソニーの方が高いが。
ゼンハイザーのはスペック表に10時間とあるものの、8、9割程度にみている方がいい。

2011年4月23日

スマホガールって、など

女性スマホユーザーを集めた「AmebaGGスマホガール」 CNET Jpan
5000人って。

ノキアの手を離れた「MeeGo」、LGやZTEなどが関心 WirelessWire News

漫画や電子書籍の不正コピー発見サービス、米Attributorが日本で本格展開へ INTERNET Watch
いろんなビジネスがある。

MobeeがApple Bluetooth Keyboardに対応したバッテリー増設アクセサリーThe Magic Bar


今週、ヘッドフォンのスライダーが壊れた。
オーディオテクニカのかなり昔のお手軽タイプATH-ES3。
よく見るともう一方の同箇所に亀裂があることも気付いた。
ソニーのBluetoothヘッドフォンDR-BT101を使いだしてからは、これを充電している時などにATH-ES3を使っていた。
それまでも大分使用していた。
スライダーが壊れただけなのでテープ類などで接骨手当をしてやれば普通に使えるんだが。

以前からソニー以外のBluetoothヘッドフォンを使ってみたかったということで、SennheiserのPX 360 BTをポチッた。
選んだ大きなポイントはBluetooth、オーバーヘッドタイプ、発売が最近、と。
密閉タイプということもあるが見た目に本格っぽいヘッドフォンは初になる。
まだ届いてない。

2011年4月22日

Appleの第2四半期決算

製造業としてのアップルの凄さ ITmedia
数字から見るとiTunes関連も趣味の範疇になるのか。

追記 4/22
iPadは前期比較で36%減。
これには供給不足要因もあるとのこと。

iPad 2発表時、今度のiPadはラインナップを絞ってくると思っていたが、逆にホワイトカラーまで増えた。
もっとラインナッップを絞った方が供給もラクだろうにと思ったが。
競合が湧いてくる中iPadでも、それなりなラインナップは必要なんだろうなと。

思い込み

iPadアプリ、FINAL FANTASY III for iPadがリリースされている。
シリーズ1、2のようにiPhone版しかないと思い込んでいた。

というのはまあいいんだが、iPad 2の発売以降は、iPhoneやiPod touchと違って、初代iPadがラインナップから消えiPad 2だけになっていたのを米国のAppleサイトを眺めていて気付いた。
実際に使われる名前はiPad 2ではなくiPadになるというのはとりあえず目の端に捉えていたが、初代iPadがラインナップにないというのは気付いてなかった。
米国発売からほぼ1ヵ月だが、今更ながら。
iPhoneやiPod touchも今後はこうなっていくんだろうかと。


そういえばiPad 2とiPhone 4のホワイトがどう違うのか気になりつつ、iPod touchがホワイト化していないのも気になるけど、iPod touchはiPodシリーズなんだからiPod並に多色展開すればいいのにとも思うが、ユーザーをiPod touchからiPhoneへスライドさせたいならiPod touchをあんまり魅力的にして踏みとどまらせるのもアレなのか、とも思ってみたりするもののデザイン変更する時は背面が似ているiPod classicと道連れなのかどうか。

2011年4月20日

iPadアプリ、Scream 4 HD

iPadアプリ、Scream 4 HDをプレイしている。
言わずと知れたホラー映画、その連動アプリ。
日本語は非対応。
Slice HDをプレイしたいと思っていたが、とりあえずこちらを。
殺人鬼側であるゴーストフェイスとしてプレイし、リアルタイム進行で建物内にいる人を警官に見つからないように殺り、スコアを稼ぐゲーム。
警官に見つかると拳銃の1、2発でゲームオーバーになるが、警官も殺れる。

ゴーストフェイスの操作は、FPSのようにバーチャルパッド的な操作ができるわけではなく、画面タッチでその場所に移動する。
3Dで画面はスッキリキレイだがアクション要素はない。

おそらく全6ステージだが、現状はステージが4つしかなく以降は今後のアップデート待ちのようで、ボリュームがない。
学校やパーティー、ジムなどの各ステージが映画と連動しているからかなのか。
ということでゲームの箸休め的なゲームかなと。

ゴーストフェイス側でプレイできて人を殺しまくるというゲーム内容は結構ブラックなんだが、ゲームの演出全体でグロさやクラさなどが無いので、ゲームプレイ中はコスプレで鬼ごっこをしている感にトリップしてしまいそうになる。
各ステージ毎でのゴーストフェイスによる解説と意気込みがなかなかどうして。

2011年4月19日

iPadアプリ、イノティア戦記3~カーニアの子供たち~

iPadアプリ、2DアクションRPGのイノティア戦記3~カーニアの子供たち~をプレイしている。
iPhoneもいけるユニバーサルアプリだけどiPadでプレイしているので。
レベル41、42くらいでボスの暗黒神を倒した。
暗黒神のレベルは45だった。

継続しない分岐は試してないので不明。
継続したら、各地で不通だった道や洞窟でイベントがあるので、それらをこなしている。
今はレベル50くらいだが、最終的なゴールがわからず、目の前のイベントをこなすためレベル上げの連続。

DiabloみたいなゲームシステムのアクションRPG。
ところどころ日本語がおかしいのと、確か前作でもそうだったと思うがオートセーブをオフにしても機能しないのが気になる程度。

2011年4月18日

米国電子書籍市場の伸び、で、日本について

米国の電子書籍市場は前年比3倍の伸び、月間9000万ドル規模に engadget 日本語
ちょっ、米国ではスゴイらしい。

電子書籍の売りが伸びるためには、電子書籍リーダー端末の普及が大前提だろうが、それを踏まえてさらに電子書籍も売れてますよと。
電子書籍、電子書籍リーダー端末の市場形成としてはかなり理想的にうつる。
電子書籍リーダー端末であるKindleの低価格な普及モデルの展開が市場に受け入れられたのが大きいとのこと。

日本は電子ペーパータイプでソニーのReader、液晶タイプでAppleのiPadが現状で売れているモデルとみて間違いないだろう。
しかし、最安モデルの価格差は倍という離れっぷりだし用途を考えても一概に一緒に比較できないが。
日本はフィーチャーフォン向けで電子書籍が市場形成できた土壌を考えると、携帯電話のスマートフォン比率向上にキャリア各社も躍起ということもあるので、まずはフィーチャーフォンのユーザーがスマートフォンでという動きとともにまずは電子書籍が売れるという姿が顕著になるというのが現実的な見方なのかなと思う。
ということで、日本で携帯電話以外の電子書籍リーダー端末の普及は何かのキッカケがないと、早急にというのは難しそう。

と、かなり地味な見当を。

2011年4月16日

半導体への地震の影響詳細、など

小中型ディスプレイが影響など、ほぼ同じ話。

電子書籍サービス市場は2015年に3500億円超へ――それってどのくらいすごいの? ITmedia
そんなに簡単に紙媒体のメディアが縮小するとも思えないが、まあでも。

【FINETECH 2011(Vol.11)】シャープが語る「GALAPAGOS」戦略……動画配信、eコマースも視野に RBB TODAY

誰がガラケーをやめてこれからスマートフォンを買うのか? ASCII.jp
語り尽くされていることだと思うが。

レビュー:高い自由度を楽しむ大作RPG Aralon:Sword and Shadow HD ゲームキャスト Blog
バグが微妙なようだが、マジで気になっていたので参考になります。

Nokia、2012年は「Symbian」搭載端末の販売を継続する予定 気になる、記になる…
撤退戦はコンセプトの堅持が重要らしいが、難しそう。

動画:次期 Windows Phone の詳細発表、日本語もサポート engadget 日本語
ついに。

iPad 2のケースを起点にツラツラと

iPad 2の日本発売はいつになるのか。
噂ではそろそろとのこと。
で、今更だがノソノソとiPad 2のケースを物色しはじめている次第。
すでにiPad 2を購入している人もいる中で、そのケースを考えるのもアホらしいがとりあえず。


・iPad活用のイメージ

初代iPadの時、自身が思ったのは、iPadで文字をタイピングしやすいかどうか、つまり傾斜が確保できるかどうかが大事なポイントなので、傾斜の確保できないケースが少なくなると考えたが全然そんなことはなかった、と。
こういうことを踏まえても、iPad 2のケースを選ぶ時には自身の活用を事前にイメージすることも、という至極当たり前な話に。


・カメラ

iPadからの変化も踏まえて、iPad 2のケースで最大のポイントはカメラ対応だろうし、さらに具体的な点となると、センサー類への配慮や変則なDockへのコネクタ接続性が確保されているかどうかは重要。
またフィルムが同包されているかはお買い得かどうかの話。

カメラを頻繁に活用するかしないかで、ケース形状としてフリップの有無とかが焦点になる気がする。


・フロブタのポジション

iPad 2のApple純正ケースであるフロブタのギミックをみると、カメラ機能を殺さないようにしつつ傾斜や使い勝手の確保に苦慮しているのがわかりそうにも思う。
フロブタは、前面カバーと傾斜をつけることができるスタンドのみの機能と考えた方が良さげ。

そもそもiPad 2は、磁石やセンサー類の搭載やおそらく形状などもフロブタ装着も込みな設計なので、フロブタ込みでiPad 2と考えても差し支えないとは思う。
一方でフロブタを考慮しなければ、さらに軽く薄く出来るんだろうとも思う。
日本製品のモノだと、一昔前は純正オプションというのは何でもかんでも当たり前に揃っていたと思うが、そういう抱き合わせ商品とはちょっと違うように感じてしまうのは自身がAppleを贔屓めにみているからだろうとも。

Apple純正でカバーとスタンドの機能を提供して、おそらくこれが相当売れると考えるなら、サードパーティー製品としては包む袋機能のみとか全部入り機能のケースを、という流れもあるんではと。

といっても、おそらくiPadのマーケティングで、使用環境がほぼ屋内というのを反映した結果だとも思われるので、フロブタとガチンコで競合する製品が規模を見込めるケースなのかなと。


・文字タイピング

自身がiPad 2を購入したら、カメラはほぼ使わないと思うので、文字タイピングのための傾斜が確保できるケースならねと。

2011年4月14日

Kindleへ広告掲載で安価に

Amazon、広告付Kindleを$114で発売($25安くなった) TechCrounch JAPAN
広告を掲載するので安価にするというのは、ほぼ読書専用用途の端末ならではだなと。
など思いつつもこのニュースをみた第一感は、広告が無くても安くできんだろ、という身も蓋もない考えだが。
Kindleがあれ以上に安っぽくなられても痛々しいだけのような気もするが、Kindleクラスだとあれ以上見た目に安っぽくなることはないんだろうとも。
ほぼ同時に、デジタル版のAmazonショッピングカタログ化なのかとも思ってしまうが、Amazonがどこを見据えているのか気になるところ。

こういうのはAmazonだからこそ出来るというビジネスモデルなのかどうか。
デジタル端末へ広告というと、何でも適用できそうに思ってしまう。
例えば、ラジオに広告はあるが、ミュージックプレイヤーに広告がない、とか。
パソコンや電子辞書は。

2011年4月13日

3D全方位な戦闘機シューティング

これは、自身にとってあまりにもゲームにならず、画面内に敵を捕捉することもままならない、あまり近寄りたくもないジャンルなんだが、それはソレなんで、iOSアプリで3D全方位なリアル系戦闘機シューティングゲームをあえて集めてみた。
ACE COMBAT Xi Skies of Incursion
Galaxy On Fire 3D
Star Battalion
Top Gun 2
X Invasion 2: Extreme Combat
最近リリースされているNo Gravity
このジャンルがそれなりにプレイできると爽快感ありそうなんだが。

で、今はFF3の余韻からRPGのイノティア戦記3〜カーニアの子供たち〜をiPadでプレイしている。
iPad対応はしているものの無理から引き延ばしてサイズ調整しているのか絵が縦長でドットが粗い始末なので、iPhoneでプレイした方が良さげか。

追記 4/22
イノティア戦記3のiPad対応は、そんなに酷くなかった。

2011年4月11日

iPhoneアプリ、Castle Frenzy~城壁の番人~、など

レインボーシックス:shadow vanguardのiPad版ってリリースしないのかなと思いつつ、ガッツいていた三國志2をようやく抜け出したこの頃。
かなり前にプレイしたものもあるが、クリアしたiPhoneゲームについて。

iPhoneアプリ、Castle Frenzy~城壁の番人~をクリア。
ディフェンスゲーム。
操作性快適で完成度高ぇ。
敵をフリック操作などで倒していくので指と手が非常に疲れる。
ステージを進んでいくと、指の体操カリキュラムを消化しているのかと錯覚してくる程。
フリック操作などで敵を投げたり叩き付けたりするので、プチなストレス発散になるかも。

iPhoneアプリ、Zombie Streetをクリア。
ディフェンスゲーム。
操作性快適。
敵をタッチで射撃になるんだが、これも手が疲れる。
完成度に文句もないが、ゲームの進行が単調なので微妙かなと。

iPhoneアプリ、セイクリッド オデッセイ - Rise of Aydenをクリア。
パズルなど謎解きが印象深い3DなアクションRPG。
アクション単調、パズル難しめだが、ゲームシステムは明朗でプレイし易い。

iPhoneアプリ、Final Fantasy IIIをクリア。
3Dキャラのデフォルメ感と、その動作が何とも微笑ましいなと。
3頭身キャラは、他のiOSゲームの3DなRPGのリアル系キャラなどと違って、日本の漫画的な親しみがあるような気もした。
操作性の感度が高い点は気になったものの、iOSゲームらしいズーム操作など、いや面白かった。

2011年4月10日

vogel's

vogel's: ringO iPad mounting system
iPad 2購入後に初代iPadを活用するなら、というツールになるだろうと。

電子書籍リーダー販売統計、など

今更だが、BCNでスレートPCの統計があるんだな。
既にBCNでは電子書籍リーダーという統計もできているが、iPadなどの液晶ディスプレイな製品はカウントされていない。

瞬間の状況報告。

「Android」の市場シェア、2012年には50%に迫る勢い--ガートナー予測 CNET Japan
調査会社側の商売事情においては、iPhoneやBBBが売れても嬉しくないんだろうし、実際にAndroid が売れているという良い流れの中でWindows Phone 7もという、至極真っ当な予測なんだろうと思う次第。
スマートフォンではiPhoneがベストガジェットだと思っているだけに、状況は歯がゆいなと。

2011年4月6日

久しぶりなiPhoneからの警告

iPhone 4で久しぶりの再会。
で、振り返ってみたら、2008年7月くらいに購入したeneloopのKBC-E1Sを未だに使っていた。
確か、iPhoneのバッテリーが赤表示になる20%以下になったらKBC-E1Sを接続しても充電できなかったというのはiPhone 3Gの経験だったなと。
iPhone 4ではもっと余裕が必要だったと今更になって思い出した次第。

更に、自身はiPhoneの外部バッテリーというものを殆ど使わないんだなと。

2011年4月5日

beta,pen

AssistOnbeta,penを購入した。
beta,kを使っていたのでペン型は何気に嬉しい。

2011年4月4日

Macアプリ、Reederのベータ版その後

Google readerのMac版クライアントアプリ、Reederのメジャーアップデートはもうすぐのよう。
ベータ版の初期から使いだしたものの、今はSafariを常用している。

省みると、iOSアプリのためのiTunesへのリンクをクリックしてもiTunesが起動しない、ことが気にかかるくらいでReederの動作は速いし快適。
iTunesの件も⌘(command)キー押しながらリンクをクリックで、Safariを経由してiTunesが起動する。

なんでSafariに戻ったのかよく分かっていない。

2011年4月2日

荒んできた、など

Androidのオープン路線に変化、Googleのチェックにメーカーは反発も engadget 日本語版
GoogleがAndroid 2.3あたりからカスタムインターフェイス排除に動いているという話。
iPhoneやBlackBerryは言うに及ばずだが、Windows Phone 7までもがユーザーインターフェイスを統一して臨むスマートフォン市場において、おいてけぼりを嫌った明らかな牽制と思える。
コンセプト性を翻してまで対応する動きは、フットワークが軽いを通り越して腰が軽い、といえそう。

eBay、気になる「iPad 2」の販売状況を発表 CNET Japan
米国ものにおける、いわゆるガジェットマニアなアーリーアダプター世界情勢図なのか。

本日SIMロック解禁! ドコモのSIMカード単体販売を実際に体験してきました 週アスPLUS
またしても、ドコモがスポンサーの提灯記事なんだろう、と思ってしまう。
荒んできた。