ページ

2011年3月4日

iPad 2発表に思う

iPad 2発表イベントのリアルタイムテキスト中継をみた。
時間も経って、ちらほらとイベントの動画や翻訳もアップされているようで、あらためて眺めての感想を。


・Jobsのスピーチ

Jobsがかなり強気で挑発的な発言をしている点が印象的。
こういうところからも、逆に競合の不在を心配していたんだろうとも思う次第。
ウェルカムリップサービス、か。
まさか競合機種で盛り上がる前に次製品のリリースになり、その次製品からが本格的な競争になろうとは。
しかしiPadの猿真似品があふれることで浮き彫りになるiPadの良さには結構な自身があるんだろう。
実際、初代iPadで低価格ニーズへもアプローチできるし、Appleとしてはこの上ない布陣のようにも思う。

Appleがタブレット需要を浮揚させた点はかなり評価されるべきだろうし、その浮揚させたコンセプト性を強調するJobsはまさにタブレットをリニューアルした先駆者らしいといえる。
が、競合は対iPadという視点でのタブレットだろうし、そのコンセプト性はなかなか理解されるようなものでもなさそうに思う。
そういうのを理解する人は、次の全く新しいものをリリースするような人なんだろうとぼんやり思う。

具体的なコンセプトの話だと、グラフィック性能の向上。
薄いや軽いなどは順当な進化だが、グラフィック性能の向上はコンセプト的にメッセージ性が強いと思う。
といっても、これによってユーザー需要の嗜好をリードできるかどうかは、これを利用するアプリ開発者にかかっているような気も。
グラフィック機能への注目という市場の流れの中で、とりあえず3Dはどうでもいいんだろうが、いろいろと牽制という意味もあるんだろうか。


iPad 2の発表をみていて思ったが、もはやiOSデバイスはAndroidのスマートフォンやタブレットのように機種毎に使い勝手や操作性などを心配する必要もないな、と。
既存ユーザーにとって操作性なんかに関しては極端に言えばレビューも要らねーという境地だなと感じる。
怖いのは新製品としての物理的な不具合くらいか。

最終的には10時間持続ということだがバッテリーは相当に大きくなっているようだし、このリスクや、高速化したCPUの発熱なんかはどうなのか、なども気になりはするが。


・供給

Appleにとって初代iPad発売時と違って、市況としては、既存のiPad購入者層がいてまた競合製品の発売が告知もしくは販売済みの中での船出になる。
さらにWIfiや3G、容量毎の各モデルという条件は同じだが、ホワイトとブラックの2モデルあるということで、供給のさじ加減はどんなもんだろうかと。

基本は、タイトな供給を演出するんだろうから、いつも通りといえばいつも通りなんだろうが。

0 件のコメント: