ページ

2011年3月2日

ソーシャル・ネットワーク

1日ということで映画、ソーシャル・ネットワークを観てきた。

面白くない。
大枠は、法廷前段階で双方の弁護士同伴の会話を都度フラッシュバックさせつつストーリーが進む。
事態を説明しつつなんだが、この弁護士を含む会話がものすごく退屈だ。
エンドもウヤムヤで主人公の機微はほとんど伝わってこない。

最初だけプログラミングの専門用語が出てきたりするが、場面を含めて分かりづらいところはなく、早口なところを除けば場面毎の意図は明快。

ドキュメンタリー感覚が半分、テレビドラマな展開半分、と思ってみる。
チョイスが安易だったかも。

0 件のコメント: