ページ

2011年2月12日

Nokia Windows Phone 7を採用

ノキアとマイクロソフトが戦略提携、Windows Phone, Bing, Xbox LIVE, Office 導入 Engadget Japanese
Microsoftは既にWindows Phone 7の初速を稼げず躓いている。
Nokiaは高級機スマートフォンのシェアで相当出遅れている。
という状況がくっついても、どうにも迫力がない。


Nokiaにおいては、Windows Phone 7を主軸にしてスマートフォン戦略を分かり易く絞り、既存スマートフォンの展開に乗っかることでスピード感を感じてもらえるのを狙っているんだろう。
広大な販売網のあるNokiaだが、高級機スマートフォンを売る力が無いのも事実。
さらに、そのWindows Phone 7が売れなくてMicrosoftも困っている、と。
どうすんだよ。
最近Nokiaのトップになったのが元Microsoftなのでこのタイミングなんだろうが、実に微妙な時期だ。


既に方々で言われているが、確かにAppleとしてはWindows Phone 7がAndroidを削ってくれれば万々歳に違いない。
一方でNokiaがWindows Phone 7を担いだことで、他のWindows Phone 7メーカーが意気消沈もしくは離脱するか、あるいは追い風とみるのか。
わざわざNokiaの独占じゃないと言わなければならないあたりは、これを言い訳にWindows Phone 7を放り出してAndroidスマートフォン1本に注力されても困るんだろう。
現在のWindows Phone 7のメーカーは、全てAndroidスマートフォンのメーカーでもあるし。


話はひっくり返って、今年は世界でか米国でか知らんがおよそ80ものタブレット端末が市場投入されると言われている中、スマートフォンで盛り上がるのは話題的にも1年くらい遅いようなのが残念なWindows Phone 7。
しかし、それでもWindows Phone 7を担ぐメーカーがいるんだから凄いといえばかなり凄い話ではある。

色々厳しい見方をしているが、良い意味でも悪い意味でも統制が効いているWindows Phone 7はMicrosoftによる舵取り次第だとは思っているので、今後のWindows Phone 7の展開には注目だろうと。

1 件のコメント:

yutakarlson さんのコメント...

Nokiaが「Windows Phone」採用を発表 - 「Androidでは差別化ができない」とElop氏―【私の論評】デバイスは携帯だけじゃない!!
ブログ名:「Funny Restaurant 犬とレストランとイタリア料理」
http://goo.gl/0rkUK
こんにちは。この記事をみて、私はノキアに将来はないと思いました。金融危機後、多くの国で経済が低迷し、ノキアも業績の悪化に直面しました。日本からも撤退を余儀なくされました。そうして、iPhoneなどのスマート・フォンの興隆で未だノキアの業績は回復していません。この、打開策として今回の発表があったのだと思いますが、とてもじやないですが、これだけでは抜本的な解決にはならないと思います。私は、ノキアのような企業にこそ、携帯電話だけに拘らない次世代のデバイスを開発して欲しいと思っていたのですが、その期待は今回は裏切られたようです。詳細は、是非私のブログを御覧になってください。